音楽

  1. ドラム講師、募集しています。

    弊社の開設するドラムスクールでは、講師である「ドラマー・コーディネーター」を募集しています。⚫自身のドラムスキルを活かしてみたい。⚫人とのコミュニケーションが得意。⚫人に教える事に喜びを感じる。⚫音楽活動の幅を広げたい。⚫自身をブランディングして稼ぎたい。等々…。

  2. イベント報告

    ~「U & ME」ライブより~10/13 ドリームストア現在、月1回、音楽スタジオで開催している音楽交流会「U & ME」ですが、なんと今回は、場所も気分もガラリと一新して、初のライブ形式で行ってみました。過去にセッションしたJ-POPナンバーより、全12曲を演奏。

  3. ブランディングは「掛け算」

    音楽を仕事にしていくための第一歩として、まずは、「プロフィール作り」が重要だというお話をしました。ここで、補足として伝えたいのは、プロフィールに盛り込むべき経歴や特技は、必ずしも、音楽に関するものに限らないという点です。

  4. 音楽を仕事にする③

    今のAさんが、将来的に音楽を仕事にしていく「流れ」を作るためにやるべき事。それは、「プロフィール作り」です。漠然と、「ギターを仕事に生かしたい」と思った所で、肝心のビジネスモデルが浮かばないかも知れませんが、全く気にする事はありません。

  5. 音楽を仕事にする②

    Aさんは、自身の音楽スキルを生かして、何かできる仕事はないだろうか?と考えています。Aさんにとって、ギターは大好きなものであり、かつてはプロ志向だったという事で、そこそこ実力もありそうです。

  6. 音楽を仕事にする①

    「ドラマーを始めとする、あらゆるミュージシャンにとってのブランディング方法とは?」という事で、今回は、「音楽を仕事にする」という切り口で、その考え方について触れてみたいと思います。

  7. 音楽を「楽しむ」という事

    「日本のミュージシャン人口の中で、音楽を100%純粋に楽しめてる人って、一体どの位いるんだろう?」「実際は、ほんの一握りだったりして…?」最近はいつも、こんな事ばかり考えています。でも誤解のないように!これは決して夢を壊すような話ではありません。

ページ上部へ戻る