起業

  1. 文章スキルの必要性

    「目に見えないモノ」を、完全に文章のみで、分かりやすく説明するという作業は、想像以上に思考能力を使うので、とても疲れます。ですが…もし、あなたが何か自分のビジネスを始める際に、「まだ誰も知らない」自社の商品やサービスをゼロから売り込むためには、最低限の文章力は必要不可欠です。

  2. 出世する人、しない人②

    もちろん、多かれ少なかれ、誰にでも不満はあるものです。上の立場の人間に対して、納得のいかない思いに駆られる事もあるでしょう。しかし、そんな事は、上司であればあるほど、わきまえているものです。彼らは、自分が恨まれる事など、「百も承知」なのです(笑)。

  3. ビジネスは、「営業力」が基本②

    営業マンにとっての「至上命題」とは、1人でも多くのお客様に、1つでも多くの商品・サービスを販売する事です。その目的を忘れて、彼らの存在意義はありません。単刀直入に言えば、「いかに数を売れるか?」のみが問われる世界なのです。厳しいようですが、「キレイ事」は一切、通用しません。

  4. ビジネスは、「営業力」が基本①

    あなたが、いかに良質な商品・サービスを持っていたとしても、それらを買ってくれる人がいなければ、ビジネスとして成り立ちません。これは、起業して自分でビジネスを行う場合に限った事ではなく、サラリーマンにも同じく当てはまる事です。

  5. 上を見たら負け②

    「ホメオスタシス」とは、あらゆる生物に本能として備わっている、「恒常性維持機能」の事です。これは、自分の生命を守るための機能であり、様々な命の危険に晒された時に、シグナルとして知らせる役割をします。ホメオスタシスに関する、最も分かりやすい例が、「体温」の話だと思います。

  6. 上を見たら負け①

    「起業したいけれど、まだ自信がない」「どんなビジネスをしたら良いか、分からない」起業について、このように考えてしまい、なかなか前に進めない人は、少なくありません。そんな彼らの特徴は、総じて「真面目」であり、「完璧主義」である事。

  7. 好きなコトで自分を満たそう②

    「起業」と聞くと、何か別次元の話のように感じてしまい、ハードルが上がってしまうという人も多いかと思います。しかし、一口に起業と言っても、人によって、様々な始め方があります。たとえば、必ずしも「法人」を設立する必要はなく、「個人事業主」としてスタートする方法もあります。

  8. 好きなコトで自分を満たそう①

    まずは、自分自身の欲に対して正直になり、自分自身を向上させて、物心ともに豊かに満たしていく。その延長線上に、「他人を満たす」という事が自然にできる自分が確立していきます。自分と真っすぐに向き合い、1つの物事に対して真剣に努力している姿に、周囲の人は共感を抱くでしょう。

  9. 「ダブルワーク・トリプルインカム」のススメ②

    「ダブルワーク・トリプルインカム」とは、読んで字の如く、「2つの労働+3つの収入源」という意味です。その一番分かりやすい形は、①本業(肉体労働)②副業(肉体労働+知的労働)③副業(権利収入)これらの収入源の組み合わせです。

  10. 「スモールビジネス」の時代②

    スモールビジネスでの起業には、様々なメリットがあります。まず第1に、「小資金で済む」という点です。一般の企業は、起業の段階で外部から資金調達をしますが、これがスモールビジネスの場合は、自己資金のみで起業するケースがほとんどです。

  11. 「スモールビジネス」の時代①

    「スモールビジネス」とは、企業形態の1つです。中小企業やベンチャー企業の新しい呼び名の事ですが、その中でも特に、「規模は小さいが優良な企業」の事を指す言葉です。

  12. 音楽を仕事にする②

    Aさんは、自身の音楽スキルを生かして、何かできる仕事はないだろうか?と考えています。Aさんにとって、ギターは大好きなものであり、かつてはプロ志向だったという事で、そこそこ実力もありそうです。

  13. やりたい事をやるために

    先日、とある友人と、久々に飲みに行った時の話です。その友人は、今は会社員として働いているのですが、かつてはアマチュア・バンドのギタリストとして、ライブハウスを中心に活動していました。彼は、明るく元気な男で、私とは古くから親交がありました。

ページ上部へ戻る