楽しむ

  1. 「ドラマーの役割」について考える

    バンドにおける、「ドラマーの役割」とは、一体何でしょうか?●楽曲の雰囲気に合わせて、リズム・パターンを選択するのもドラマー。●バンド内での「指揮者」となって、テンポ・キープするのもドラマー。●派手なアクションで、「視覚的に」楽曲を盛り上げるのもドラマー。

  2. もっともっと、ドラムを楽しもう!

    ドラムは、ダイナミックなサウンドとルックスが魅力の楽器です。バンド等のアンサンブルでは、リズムを担当します。時に、ドラマーが汗をかきながら、両手両足をフルに駆使して、激しくビートを刻む姿は、もはや楽器を超えてスポーツであるとも思える位です。

  3. 音楽を「楽しむ」という事

    「日本のミュージシャン人口の中で、音楽を100%純粋に楽しめてる人って、一体どの位いるんだろう?」「実際は、ほんの一握りだったりして…?」最近はいつも、こんな事ばかり考えています。でも誤解のないように!これは決して夢を壊すような話ではありません。

ページ上部へ戻る