教育

  1. 草食系では成功できない

    少し前に、「草食系男子」という、現代の男性の恋愛観を象徴した言葉が流行しました。「草食系」と聞くと、スマートで響きの良い感じがしますが、実際は全く違います。単純に、「草食系=無気力系」であり、恋愛に限らず、何事に対してもヤル気を持てない状態なのです。

  2. 常識に縛られない②

    「良き子供」から「良き従業員」、そして「良き国民」へ…。ストレートに言ってしまえば、現在の日本の教育は、国民からエネルギーを奪い、支配・管理しやすい「良い人」を作り上げるためのものです。

  3. 常識に縛られない①

    「常識とは、何ですか?」私は、この問いに対して、誰もが納得のいく答えを用意できる人は、1人もいないのではないかと思っています。なぜなら、一般的な意味での「常識」とは、人間同士が日常生活を円滑に営んでいけるように、「後から取り決めたルール」に過ぎないからです。

  4. 自由になれない理由⑥

    「教育」というものは、人が生きる上での指針や価値観を作り出す、極めて大切な要素です。教育者の思想や哲学によっては、学ぶ側の人生をガラリと変えてしまうほど、大きな力を持っています。もちろん、「良くも悪くも」です。

  5. 自由になれない理由⑤

    江戸幕府が、当時の農民たちに、「朝から晩まで汗水を垂らして働く」という常識を植え付けたのはなぜか?その理由は、「支配・管理しやすいから」です。幕府が、農民たちを円滑に支配・管理するためには、何より、彼らのエネルギーを弱める必要がありました。

  6. 自由になれない理由①

    誰もが肌で感じている通り、現代は、とても便利な世の中です。とりわけ日本人であれば、生まれた時から、テレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコン等があるのは当たり前。インターネットも発達していて、分からない事は何でも、検索すれば瞬時に調べる事ができます。

ページ上部へ戻る