スネア

  1. スネアの選び方あれこれ

    今回は、「スネアの選び方」というテーマで書いてみようと思います。楽器屋に行けば、数多くのスネアが並んでいます。まず、見た目で違いの分かる部分が、シェル(胴の部分)の材質です。大まかには、「メタルシェル(金属)」と「ウッドシェル(木材)」の2種類に分かれます。

  2. 「スネアの音作り」に思う②

    ドラムの音作りとは、主に「チューニング」の事を指します。チューニングとは、一般的(ギターやベース等)には、基準の周波数で音程を合わせる事を言いますが、ドラムの場合は、「自分の求める音色を作る」という事になります。

  3. 「スネアの音作り」に思う①

    「もっと、プロっぽい音を出せないかな?」初心者が、ドラムを始めて少し経つと、プレイだけではなく、サウンドメイクにも強い関心を抱くようになります。当然、自分の耳も肥えてきて、よりカッコイイ音や存在感のある音を、追求するようになるからです。その中でも、誰もがぶつかる高い壁。

  4. スネアの音量を上げるワザ②

    突然ですが、私が20歳だった時の話です。当時、私は「ICARUS」というバンドのドラマーとして、音楽活動をしていました。主に、都内のライブハウスで定期的にライブを行っていたわけですが、その中に、「渋谷La-mama(ラママ)」という老舗のライブハウスがありました。

  5. スネアの音量を上げるワザ①

    今回は、「スネアドラム」について、主に初心者向けの内容で書いてみたいと思います。スネアドラム(通称=スネア)は、ドラムセットの根幹を成すパーツの1つです(ちなみに、スネア・バスドラ・ハイハットを、合わせて「3点セット」と呼ぶ)。

ページ上部へ戻る