スティック

  1. 「スティック・ワーク」は、ドラマーの生命線

    今回は、「スティック・ワーク」について書いてみたいと思います。ドラマーにとって、もはや、スティックは体の一部のようなものです。スティック自体は楽器ではありませんが、もし、この「細長い棒」がなければ、パワフルでアタックの効いたドラムサウンドは、一切存在しないわけです。

  2. スティックの選び方あれこれ

    今回は、主に初心者の方に向けて、ドラムスティックの選び方について、思う事を書いてみたいと思います。さて、楽器屋さんのドラムコーナーには、無数のスティックが立ち並んでいます。

ページ上部へ戻る