周囲に差をつけたい女性や、生産性を上げたいビジネスマンにも。

スポンサードリンク

スポーツ感覚で気軽に楽しめる!心も体もリフレッシュしたい、女性のあなたへ。

ドラムは、全身を使って演奏をする、ダイナミックな楽器。両手にスティックを握って叩いたり、両足でペダルを踏んだり…。アクションもサウンドも大きいため、どうしても「力強さ」が必要であるかのように思われがちです。

しかし、その思い込みは、全くもって誤解。ドラム演奏に、「筋力」は全く必要ありません。むしろ、近年では、女性でも気軽に楽しめるイメージが浸透してきており、メディアで女性ドラマーを見かける機会も、増えつつあります。

ただし、他の楽器に比べて「運動量」は多めなので、音楽と同時に「スポーツ感覚も味わえる」といった、一石二鳥ぶり。適度な全身運動によって得られる心地良い疲労感が、美容や健康、ストレス解消にもつながります。

このように、プレイヤー人口が増えてきているとは言え、まだまだ希少価値の高い「女性ドラマー」。あなたも、ドラムという新鮮で健康的なチャレンジを始める事で、心も体も磨いて、充実した音楽生活を手に入れてみませんか?

「脳トレ効果」で生産性をアップ!人間力も磨きたい、ビジネスマンのあなたへ。

ドラムは、両手両足がバラバラの動きをする楽器。そう聞いただけでも、「難しそう…」と躊躇してしまう方も多いのですが、実は、このドラム特有の動きが、「脳のトレーニング効果」につながるといった実験結果も出ているのです。

始めのうちは、動きがツラれてしまうかも知れませんが、簡単にいかないからこそ、4本の手足を自在に操れるようになった時の感動もひとしお。同時に、右脳も左脳も活性化できるのですから、これほど欲張りな楽器はありません。

例えば、「リズム」や「テンポ」を正確にキープしようと意識する事で、「集中力」が高まります。楽曲の構成を体で覚える時には「記憶力」、他の楽器とのアンサンブルでは、「瞬発力」や「俯瞰(ふかん)力」が鍛えられます。

さらに、楽曲にメリハリを付けるために、「アクセント」や「フィルイン」「ブレイク」といったアイデアを生み出す過程では、「想像力」や「創造力」が養われます。いずれも、ビジネスで生産性を上げるために、必要な能力たちばかりです。

当スクールでは、「選曲完奏スタイル」と「アンサンブル体験」を柱とした、独自のレッスン法を用いています。これにより、他社では味わう事のできないような、立体的なドラミングを、無理なく習得する事ができます。

自分が選んだお気に入りの楽曲で、他の楽器プレイヤーやヴォーカリストとセッションする事を「小ゴール」に設定しているため、高いモチベーションを保ちながら、楽しくスキルを磨いていく事ができるのです。

プロとしての経験豊富なコーディネーターによる、楽しくて健康的なレッスン。周囲に差をつけたい女性のあなたも、生産性を上げたいビジネスマンのあなたも、他では体感できない、新しい「自分磨き」を始めてみませんか?

コース・料金はこちら

moushikomi

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品

  1. ドラムを始めてみたい方や、急速にドラムのスキルを上げたい方へ。

    経験豊富なコーディネーターによる、実践的なレッスン。あなたも、今までにない充実感を発見してみませんか?

ページ上部へ戻る