梅 章太郎(Shotaro Ume)

ドラマー・コーディネーター。合同会社アビリティ・プラン代表。’79年、東京都生まれ。明治学院大学文学部卒業。

7歳からエレクトーンを習得し、15歳でドラムを始める。16歳の時に、「モトリー・クルー」のアルバムに出会い、「理屈抜きのカッコ良さ」に衝撃を受ける。それ以降、「トミー・リー」が憧れのロックドラマーとなる。

’95年に、バンド「ICARUS」を結成し、ドラマーとしてライブや楽曲制作を精力的に行う。’97年には、高校生バンドのコンテスト「HOT WAVE」に出場。全国1816本のデモテープ応募の中から、ベスト40までオーディションを勝ち抜き、1200名の観衆の中で行われた準決戦大会(関内大ホール)に駒を進める。

その後も、’04年の解散までに100本以上のライブを経験する等、プロを目指して音楽活動に明け暮れた10代後半~20代前半を過ごす。

’05年には、バンド「Wishful BLank」のドラマー(UME)として、「コンポジラ」より、DVD+CD『ねぇ』でデビュー。自ら作曲も担当した同タイトル曲は、PS2用ゲームソフト『星の降る刻(とき)』の主題歌となり、カラオケ配信(JOY SOUND・UGA)される。

ライブ活動も積極的に行い、都内ライブハウスを中心として、「鈴鹿8耐」等での大規模な野外ステージも経験。’05年・’06年と出演した「神宮外苑花火大会」のライブ・パフォーマンスでは、「globe」「杏里」「小柳ゆき」「BENI」「BoA」「AAA」「misono」等のアーティスト陣と共に、ステージを盛り上げた。TV出演は、「ニューイヤーロックフェスティバル」等。

’07年のバンド解散後は、フリーのコンポーザーに転身。「安室奈美恵」「Crystal Kay」「BoA」「NEWS」等、メジャーアーティストの楽曲コンペを経験する。しかし、音楽制作に追われるも結果の出せない日々が続き、気付けば、音楽を楽しむ事を完全に忘れるほど疲れ果ててしまう。

’11年、情熱を注いできた音楽活動を一度リタイアし、一般企業に就職。世間とのキャリアの差を一気に取り返すかのように、「飛び込み営業」という未経験のフィールドで、無我夢中に働く。トップセールスにより会社からも評価を受け、入社2年で管理職に昇進。充実した毎日を送るようになるが…。

日に日に再燃し始めた音楽やドラムへの思いから、’14年に合同会社アビリティ・プランを設立。初心者でも気軽に楽しくスキルアップできるドラムスクールを始めとして、生演奏の体験サービス、音楽スキルを活かした起業相談を行う等、一人一人のライフスタイルに合わせた、多種多様な「音楽のカタチ」を企画・提案している。

リリース作品PV


スポンサードリンク
スポンサードリンク

アビリティ・プラン Facebookページ

スポンサードリンク
ページ上部へ戻る