潜在意識

  1. 「他人から見た自分」に学ぶ

    思わぬ苦難に直面し、心の中は、まさに悩みや葛藤の渦中であるのにも関わらず、ふと周囲の人から、「○○さんって、悩み無さそうですよね?」「○○さんって、ポジティブですよね!」「○○さんと話してると、元気もらえます!」等と、意外な言葉を掛けられた…。

  2. 祈りは叶う①

    結婚式を教会で挙げ、年末には、クリスマスを祝う。年が明けると、神社に初詣に行き、お盆には、寺で先祖の墓前に手を合わせる。そして、死者を弔う際は、経を読み線香を立てる…。これらは、日本人の多くが経験し、生活の一部として根付いてきた文化です。

  3. 泣いた方がいい

    世間では、「男は泣くもんじゃない」と言われたりもしますが、私は、この意見に反対です。なぜ、女性は泣いても良くて、男性は泣いてはいけないのでしょうか?正しくは、「男は《人前で》泣くもんじゃない」であると、私は勝手に思っています(笑)。

  4. 禁煙から得たモノ②

    今、この瞬間にも、多くの喫煙者が禁煙を決意し、チャレンジを始めています。しかし、残念な事に、ほとんどの人が挫折をして、元の喫煙者に戻ってしまいます。「日本禁煙学会」等のデータによると、「1年間」の平均的な禁煙成功率は、僅か6%程度という結果が出ています。

  5. 人と会っていく

    「他人に自分の夢を語る」という行動は、その夢の実現を、急速に加速させます。なぜなら、夢とは、決して自分の力だけで叶うものではないからです。誰もが、大なり小なり、「自己顕示欲」や「自己肯定感」といったプライドを持ち合わせています。

  6. 夢を目標に変えていく②

    夢にリアルな臨場感を持たせ、実現可能な目標に変えて、完璧に脳に落とし込む事ができれば、願いは加速度的に叶っていきます。では、夢を目標に変えるためには、具体的に何をすれば良いのでしょうか?ここでは、2つの方法をご紹介します。1つ目は、「夢を紙に書き出す」です。

  7. 決断できない理由②

    人は、予測不能な未来に対して、不安や恐怖の感情を抱きます。これは、あらゆる危険から身を守るための、人間としての本能的な働きであるからです。一方、予測できる未来に対しては、人は安心感を覚えます。当然の話ですが、私たちは、できる限り、日常の中で不安や恐怖を感じたくありません。

  8. メンタルブロックを打破する方法②

    メンタルブロックを無理なく外して、ポジティブな自分へと変わっていくための方法。その2つ目は、「非日常の新しい事を選んでみる」です。例えば、通勤で通るルートを、帰宅の時だけでも良いから、少し変えてみる。

  9. メンタルブロックを打破する方法①

    心理学の世界で、「メンタルブロック」という言葉があります。よく耳にする言葉なので、知っている方も多いかと思います。メンタルブロックとは、人が何か行動を起こそうとする時に思い浮かぶ、「できるわけがない」「こうしなければならない」といった、否定的な「固定観念」の事です。

  10. 過去を丸ごと、捨てられますか?

    多くの人が、「変わりたい」と強く願っていながらも、簡単には「変われない」。何故でしょうか?答えは、とてもシンプル。実は、本音や本心では「変わりたくない」からです。これを聞いて、あなたは、「ウソだ、そんな事はない。自分は心から変わりたいのに!」と思うかも知れません。

ページ上部へ戻る