1. 好きなコトで自分を満たそう①

    まずは、自分自身の欲に対して正直になり、自分自身を向上させて、物心ともに豊かに満たしていく。その延長線上に、「他人を満たす」という事が自然にできる自分が確立していきます。自分と真っすぐに向き合い、1つの物事に対して真剣に努力している姿に、周囲の人は共感を抱くでしょう。

  2. まずは自分自身を満たそう③

    私は、サラリーマンとして会社に勤務していた期間に、様々な人間模様を目の当たりにしました。有名な「2:6:2の法則」というものが、いかなる組織においても当てはまる普遍的なものであると、腑に落ちて納得したのも、この時期です。

  3. 我慢しない生き方

    人間は、「煩悩」の生き物です。全てを口には出さないまでも、心の中では、「コレがしたい」「アレが欲しい」といった感情が、常に渦巻いているものです。そう。老若男女、いかなる人であっても、です。

ページ上部へ戻る