パターン

  1. フィルインは、「裏切り」が肝心

    今回は、フィルインについて、思う事を気ままに書いてみたいと思います。フィルインとは、「埋める」という意味で、ドラム演奏中に、「つなぎ目」の部分で入れる即興的な演奏の事です。「フィル」「オカズ」とも呼ばれます。このフィルですが、ドラマーにとっては、大きな「見せ場」の一つになります。

  2. 「リズムパターン」の引き出しを増やそう

    ドラムには、数多くの「リズムパターン」が存在します。「8ビート」「16ビート」「サンバ」「シャッフル」「スウィング」「ボサノバ」等々…。大まかなものだけでも、挙げ切るのが大変な上に、「~風」「~系」といったように細分化されたものまで含めると、無数のパターンがあります。

ページ上部へ戻る