ブログ

  1. 自由になれない理由①

    誰もが肌で感じている通り、現代は、とても便利な世の中です。とりわけ日本人であれば、生まれた時から、テレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコン等があるのは当たり前。インターネットも発達していて、分からない事は何でも、検索すれば瞬時に調べる事ができます。

  2. 欲に正直に生きる

    「あなたの人生なんだから、好きなように生きていいんだよ」誰かから、こんな言葉をかけてもらった事はありますか?両親、友達、先生、配偶者、恋人…。大切で、身近な人たちから。

  3. 過去を丸ごと、捨てられますか?

    多くの人が、「変わりたい」と強く願っていながらも、簡単には「変われない」。何故でしょうか?答えは、とてもシンプル。実は、本音や本心では「変わりたくない」からです。これを聞いて、あなたは、「ウソだ、そんな事はない。自分は心から変わりたいのに!」と思うかも知れません。

  4. 付き合う人を変えてみる

    こんな言葉を聞いた事はありませんか?「人は、付き合っている《上位5人》の平均になる」誰もが、社会の中で何らかのコミュニティーを持っています。「仙人」のように、人里離れた山にこもった生活でも望まない限りは(笑)…。

  5. 「悔しさ」のエネルギー

    「悔しい」と思う事って、とても大事です。悔しいという感情が沸き上がるのは、現状に不満があるから。つまり、納得のいっていない状態です。悔しさから生まれるエネルギーは、最強です。

  6. 「人生は山あり谷あり」のウソ

    もしも今、あなたが、「人生は山あり谷あり」という言葉を信じているのであれば、すぐにでも捨て去ってもらいたいと思います。「良い事が続いたから、次は何か悪い事が起こるに違いない」「人生とは難しい。

  7. モチベーションのカギは、「習慣化」にあり

    勉強、ビジネス、禁煙、ダイエット等々…。せっかく、意気揚々と新しい自分へのチャレンジを決意したのに、何故か長続きせず、元の生活に戻ってしまっていた…。

  8. やるべき事を、ただ淡々と

    夢や目標に向かって突き進んでいると、必ずと言ってイイ程、目の前に壁や障害といった「邪魔者」が出現します。大きなものから小さなものまで、また、自分自身の内からも外からも…。「彼ら」は、ありとあらゆる形を取りながら、私たちのモチベーションを奪いにかかってきます。

  9. 変わりたければ、本能に逆らえ

    成功を目指すに当たって、必ず理解しておきたい重要な事実があります。それは、「人間は、本能的にはネガティブである」という事。宇宙的な視点で見れば、私たちの日常で起きている、ありとあらゆる事象には、プラスとマイナス、メリットとデメリットといった、対極の要素が含まれています。

  10. ブレーキは、チャンスの証

    誰でも、何か新しい事にチャレンジしようとする時には、面白い位に、心にブレーキが掛かるものです。それは、不安だったり疑いだったり、恐怖だったり…。ありとあらゆる形で、せっかくのチャレンジに邪魔が入るワケです。

  11. 新コーディネーターの紹介です。

    この度、新たに、コーディネーター(講師)が加わりました。⚫蛭子 暁(えびす あきら)新設の「弾き語りで学ぶ!作曲スクール」で、歌とギターを用いた実践的な作曲スキルを、楽しく丁寧に伝授いたします。

  12. 「弾き語りで学ぶ!作曲スクール」サービス開始

    ~あなたも「作曲スキル」を手に入れて、0から1を生み出す感動を味わってみませんか?~すでに、弊社で開設している「ドラムスクール」に続いて、新たにスタートした「作曲スクール」のご案内です。

  13. 「ヴォーカル体験」サービス開始

    あなたの大好きな楽曲を、スタジオでのバンド演奏に合わせて歌ってみませんか?カラオケでは決して味わう事のできない、生演奏ならではの、臨場感に満ちたサウンド。それをバックに歌い上げる事で得られる、「非日常」のドキドキ・ワクワク感…。あなたも是非!実際に体験してみて下さい。

  14. 自分の「目的」に合ったスクール選びを

    「ドラムを始めてみたい!」「ドラムを学んでみたい!」「ドラムを上達させたい!」「よし!ドラム・スクールに行こう!」「ウ~ン、だけど…」:::::::::::::::::::::そうです。

  15. ドラム講師、募集しています。

    弊社の開設するドラムスクールでは、講師である「ドラマー・コーディネーター」を募集しています。⚫自身のドラムスキルを活かしてみたい。⚫人とのコミュニケーションが得意。⚫人に教える事に喜びを感じる。⚫音楽活動の幅を広げたい。⚫自身をブランディングして稼ぎたい。等々…。

  16. イベント報告

    ~「U & ME」ライブより~10/13 ドリームストア現在、月1回、音楽スタジオで開催している音楽交流会「U & ME」ですが、なんと今回は、場所も気分もガラリと一新して、初のライブ形式で行ってみました。過去にセッションしたJ-POPナンバーより、全12曲を演奏。

  17. ドラムは難しい楽器?⑤

    今回は、ドラム初心者を阻む幻想のハードルの4つ目、「体力がないと演奏できない」について解説したいと思います。ドラムという楽器の第一印象として、「スポーツ的な要素」を連想する人も多いかと思います。

  18. ドラムは難しい楽器?④

    今回は、ドラム初心者を阻む3つ目のハードルである「器材費等、費用がかかる」について解説します。「ドラムって、お金がかかるんだよね?」楽器をやっている人・やっていない人に関わらず、ドラムについてこのように思っている人は少なくありません。

  19. ドラムは難しい楽器?③

    今回は、2つ目のハードル「練習場所が確保できない」についてです。見た目の通り、ドラムは他の楽器と比べて、とにかくボディーが大きいです。大抵は、人間が楽器を手に持ち、指や口を使って演奏するものですが、ドラムの場合は、足も使って演奏する上に、ドラムスローンまで付いています。

  20. ドラムは難しい楽器?②

    「ドラムを始めたい」「ドラムを上達させたい」といったドラマー予備軍たちの好奇心を阻む、「幻想のハードル」。前回のコラムでは、そのハードルは大きく分けて4種類あると書きました。

ページ上部へ戻る