マインド

  1. 自由になれない理由⑤

    江戸幕府が、当時の農民たちに、「朝から晩まで汗水を垂らして働く」という常識を植え付けたのはなぜか?その理由は、「支配・管理しやすいから」です。幕府が、農民たちを円滑に支配・管理するためには、何より、彼らのエネルギーを弱める必要がありました。

  2. 自由になれない理由④

    私たちが生きる上で、常に忘れてはならない、大切な事があります。それは、「支配を『する側』と『される側』の常識は、全く違う」という事です。さて、400年前に遡った江戸時代には、「身分制度」というものがありました。

  3. 自由になれない理由③

    「先人の方が偉い」という儒教的な考え方を、日本社会に分かりやすく当てはめるならば、「年功序列」という事になります。しかし、この年功序列という制度は、今の日本では完全に崩壊しています。

  4. 自由になれない理由②

    「日本の道徳教育は、『孔子』による『儒教』が基となっている」というお話をしました。中国の孔子や儒教は、日本人であれば、知らない人は、ほとんどいないのではないでしょうか?世界3大宗教と言えば、キリスト教・イスラム教・仏教です(ユダヤ教とヒンドゥー教を加えると5大宗教となる)。

  5. 自由になれない理由①

    誰もが肌で感じている通り、現代は、とても便利な世の中です。とりわけ日本人であれば、生まれた時から、テレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコン等があるのは当たり前。インターネットも発達していて、分からない事は何でも、検索すれば瞬時に調べる事ができます。

  6. 欲に正直に生きる

    「あなたの人生なんだから、好きなように生きていいんだよ」誰かから、こんな言葉をかけてもらった事はありますか?両親、友達、先生、配偶者、恋人…。大切で、身近な人たちから。

  7. 過去を丸ごと、捨てられますか?

    多くの人が、「変わりたい」と強く願っていながらも、簡単には「変われない」。何故でしょうか?答えは、とてもシンプル。実は、本音や本心では「変わりたくない」からです。これを聞いて、あなたは、「ウソだ、そんな事はない。自分は心から変わりたいのに!」と思うかも知れません。

  8. 付き合う人を変えてみる

    こんな言葉を聞いた事はありませんか?「人は、付き合っている《上位5人》の平均になる」誰もが、社会の中で何らかのコミュニティーを持っています。「仙人」のように、人里離れた山にこもった生活でも望まない限りは(笑)…。

  9. 「悔しさ」のエネルギー

    「悔しい」と思う事って、とても大事です。悔しいという感情が沸き上がるのは、現状に不満があるから。つまり、納得のいっていない状態です。悔しさから生まれるエネルギーは、最強です。

  10. 「人生は山あり谷あり」のウソ

    もしも今、あなたが、「人生は山あり谷あり」という言葉を信じているのであれば、すぐにでも捨て去ってもらいたいと思います。「良い事が続いたから、次は何か悪い事が起こるに違いない」「人生とは難しい。

  11. モチベーションのカギは、「習慣化」にあり

    勉強、ビジネス、禁煙、ダイエット等々…。せっかく、意気揚々と新しい自分へのチャレンジを決意したのに、何故か長続きせず、元の生活に戻ってしまっていた…。

  12. やるべき事を、ただ淡々と

    夢や目標に向かって突き進んでいると、必ずと言ってイイ程、目の前に壁や障害といった「邪魔者」が出現します。大きなものから小さなものまで、また、自分自身の内からも外からも…。「彼ら」は、ありとあらゆる形を取りながら、私たちのモチベーションを奪いにかかってきます。

  13. 変わりたければ、本能に逆らえ

    成功を目指すに当たって、必ず理解しておきたい重要な事実があります。それは、「人間は、本能的にはネガティブである」という事。宇宙的な視点で見れば、私たちの日常で起きている、ありとあらゆる事象には、プラスとマイナス、メリットとデメリットといった、対極の要素が含まれています。

  14. ブレーキは、チャンスの証

    誰でも、何か新しい事にチャレンジしようとする時には、面白い位に、心にブレーキが掛かるものです。それは、不安だったり疑いだったり、恐怖だったり…。ありとあらゆる形で、せっかくのチャレンジに邪魔が入るワケです。

  15. 「ヘタウマ」を考える

    「ヘタウマ」という言葉をご存知でしょうか?なんとも、力の抜けてしまうようなワードですが、これは、あらゆる創作活動において、技術の稚拙さ(ヘタさ)が、かえって個性や味(ウマさ)となっている状態を表す言葉です。

  16. 「モノづくり」から「ヒトづくり」へ

    ブランディングの対象は、「モノ」だけではありません。「ヒト」を商品としてブランド化するという事も、ビジネスにおいては重要です。特に、これからのビジネスにおいての価値観は、モノからヒトへと、確実に移り変わっていきます。

  17. 「演じる」事の面白さ

    いかなる仕事においても言える事ですが、自分の魅力や個性を積極的に「アピール」する事って、もの凄く大事な要素です。

  18. やりたい事をやるために

    先日、とある友人と、久々に飲みに行った時の話です。その友人は、今は会社員として働いているのですが、かつてはアマチュア・バンドのギタリストとして、ライブハウスを中心に活動していました。彼は、明るく元気な男で、私とは古くから親交がありました。

  19. 音楽を「楽しむ」という事

    「日本のミュージシャン人口の中で、音楽を100%純粋に楽しめてる人って、一体どの位いるんだろう?」「実際は、ほんの一握りだったりして…?」最近はいつも、こんな事ばかり考えています。でも誤解のないように!これは決して夢を壊すような話ではありません。

ページ上部へ戻る