ブログ

音楽を仕事にする①

スポンサードリンク

「ドラマーを始めとする、あらゆるミュージシャンにとってのブランディング方法とは?」

という事で、今回は、「音楽を仕事にする」という切り口で、その考え方について触れてみたいと思います。

➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖

●会社員のAさん(35歳男性)の場合

Aさんは、奥さんと2児との4人暮らし。職場では係長として、数名の部下からなるチームの管理を任されている。

プレイヤーとして、トップの営業成績を収めた事で、会社からの信頼を得て、これまで順調に昇進や昇給をしてきた。

しかし、役職が上がるにつれて帰宅も遅くなり、家族と過ごす時間もメッキリ減ってしまった。不景気のせいか、チーム業績も振るわない。

常に、上司と部下の間で板ばさみ状態。おまけに、急なクライアント対応やクレーム対応に追われ、すっかり疲れてしまった。

「俺は一体、何のために働いてるんだろう?」

そんなある日、同僚との他愛もない会話から、取締役である上司の給料を知って驚いた。

想像していた金額より格段に少なく、さらにモチベーションが下がってしまったのだ。

「この会社で苦労してトップに登りつめたとしても、そんなモンなのか。なんか、夢も希望もないな…」

もちろん、「お金が全て」ではない事は、アタマでは分かっているつもりだ。

実際に、これまで、仕事に取り組む姿勢や、営業やマネジメントのスキル等、様々な事を会社の中で学んできた。

それらは、全て貴重な経験だし、家族を養える程の給料も貰っている。そういった意味では、会社には感謝してもし切れない位なのだ。

しかし、何かが違う…。「給料の額」というよりは、「会社に自分の価値を決められている」気がして、虚しくなってしまったのである。

「もっと自分の可能性を生かせる仕事で、経済的・時間的な自由を目指せないものだろうか?」

かつて、Aさんには夢があった。それは、プロのギタリストになる事。20代の頃は、メチャクチャ練習して、ライブハウス等で精力的に活動していた。

その後、一度は夢に破れ、しばらく音楽から遠ざかっていたものの、最近になって、休日の趣味がてら、再びギターを弾くようになっていたのだ。

「ギターを仕事にできたら、楽しいのになぁ…」

➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖

ここで、Aさんのブランディングを考えてみます。

〜音楽を仕事にする②へ続く~

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アビリティ・プラン Facebookページ

ページ上部へ戻る