ブログ

自由になれない理由⑥

スポンサードリンク

「教育」というものは、人が生きる上での指針や価値観を作り出す、極めて大切な要素です。

教育者の思想や哲学によっては、学ぶ側の人生をガラリと変えてしまうほど、大きな力を持っています。

もちろん、「良くも悪くも」です。

現代の日本にはびこる「少子高齢化」「ワーキングプア」「年金」といった深刻な問題は、私たちが受けてきた教育、さらに言えば、「道徳教育」の限界点が引き起こしているものなのです。

結論から言ってしまえば、現代の学校教育は、いまだに「良き従業員をつくる」という一点に重きが置かれていて、この価値観こそが、諸悪の原因となっています。

確かに、道徳教育が、かつての社会にマッチした事もありました。少なくとも、「高度経済成長期」から「バブル崩壊」までの間は…。

事実、日本は敗戦後の焼け野原から、驚くべきほどの短期間で、凄まじい再建を成し遂げました。そして、世界屈指の「経済大国」にまで昇り詰めました。

しかし、それは、もはや過去の話。当時の「大量生産」に代表される「モノづくり」の価値観は、とっくに影をひそめています。

現代とは、人々のニーズがより細分化された時代であり、「ヒトづくり」の価値観へと移行している事に、気付かなければなりません。

~自由になれない理由⑦へ続く~

出会って「10分」で好かれる方法
http://directlink.jp/tracking/af/1491489/uQExosuz/

なぜ、ヤル気は持続しないのか?
http://directlink.jp/tracking/af/1491494/KfIcdA5z/

たった90日で、新しい収入源を作る方法
http://directlink.jp/tracking/af/1491490/0GJmYH3B/

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る