ブログ

自信をつける方法③

スポンサードリンク

「自分の可能性は、自分では分からない」

あなたが、心から「自分の可能性を広げたい」と思っているのであれば、苦手意識を抱いている事にも、思い切って挑戦してみる事をオススメします。

しかも、どうせやるからには、そのフィールドで大いにスキルを磨き、「誰がどう見ても明確な結果」を残す事に徹するのです。

「苦手なもので勝った!」という経験が、何より大きな自信となり、今後の自分の魅力や引き出しを増やす事につながります。

そして、それらのスキルは必ず、本来の得意分野にもフィードバックされて、結果として、自分の想像を超えた、楽しい未来を作っていく事ができるわけです。

私自身も、サラリーマン時代に、大の苦手だった、ゴリゴリの「飛び込み営業」を経験しました。

当時の私はと言えば、とあるバンドのドラマーとして念願のCDデビューを果たすも、思うように売れず、やがてバンドは解散…。

その後、某作家事務所に所属して、作曲家としての活動に励みましたが、曲を作れど作れど、楽曲コンペを一向に通過できない苦しみから、やむなく音楽の道を断念…。

と、そんなマイナス状況からの就職だったのです。

~自信をつける方法④へ続く~

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アビリティ・プラン Facebookページ

ページ上部へ戻る