ブログ

自信をつける方法②

スポンサードリンク

往々にして、人は、「自分の事は、自分が一番理解しているものだ」と思ってしまいがちです。

しかし、これは完全な錯覚です。物事の本質を捉える時に、自分の偏った主観ほど、当てにならないものはありません。

誰もが、それぞれ都合の良い解釈で、「自分とは、こういう人間である」と、信じたいだけなのです。

そして、「外から見た自分」には、全く目が行かない。そんなものは、ハナっから間違いであるとして、盲点になってしまっているわけです。

確かに、「自分を客観的に見る」というのは、簡単な事ではないかも知れません。

鏡がなければ、自分の顔を確認できないように、自分の内面を正しく知るためにも、鏡が必要なのです。

では、自分の固定観念を払拭して、本来の自分を知るための鏡とは何か?

それは、「他者からのアドバイス」です。

「○○をやってみたら良いんじゃない?」
「○○が向いてると思うよ」

このように、友人や知人から、急に○○を勧められて面食らった経験が、あなたにも1度や2度、あるはずです。

しかも、○○とは、あなたが気にも留めていなかった、もしくは、苦手意識を持っていた仕事や趣味の事です。

あなたは、「寝耳に水」なアドバイスで、「この人は、私の何を見て、こんな事を言うのだろうか?」と、苦笑いしてしまうかも知れません。

しかし、そんな何気ない他人からのアドバイスは、あながち間違ってはいないのです。

アドバイスした側は、その人なりの直感で、あなたに向いていると思ったからこそ、○○を勧めてきたのです。

~自信をつける方法③へ続く~

出会って「10分」で好かれる方法
http://directlink.jp/tracking/af/1491489/uQExosuz/

なぜ、ヤル気は持続しないのか?
http://directlink.jp/tracking/af/1491494/KfIcdA5z/

たった90日で、新しい収入源を作る方法
http://directlink.jp/tracking/af/1491490/0GJmYH3B/

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る