ブログ

考えるな、感じろ②

スポンサードリンク

では、私たちを豊かな人生へと導いてくれる「直感」を受け取るために、必要な事とは何でしょうか?

それは、タイトルにある通り、「考えない」、つまり、「頭を空っぽにする」という事なのです。

しかしながら、私たち人間は、生きている限り、ずっと頭を空っぽにする事は、100%不可能です。

少し前にも触れたように、人間は、1日に約6万回もの思考を繰り返しているからです。

まさに、起きて活動している間、私たちの脳は「働きっぱなし」というわけです。

もし、眠っている時間以外で、何も考えない瞬間があるとすれば、「お風呂に浸かっている時」や「トイレで用を足している時」等です。

このように、「リラックスしている時」というのは、頭の中が空っぽになりやすいのです。

よく、アーティストが、お風呂やトイレで「作品のアイディアが降ってくる」と語っていたりするのも、このためです。

つまり、心の底からリラックスし、頭が空っぽになった時こそ、直感をバンバン受け取りやすい状態にあるのです。

まさに、リラックス状態は最強であり、脳をフルに使って考え抜いたパフォーマンスを、はるかに凌ぐ力があります。

これを逆手に取れば、日常の中で、リラックス状態を「意図的に」作り出す事さえできれば、多くの直感を受け取る事が可能になってくるわけです。

せわしない日常の中で、私たちが、心の底からリラックスできるチャンスというのは、実はそう多くはありません。

だからこそ、1日の中で「意図的に」、頭の中をフラットにする時間を作っていくのです。

世間では、これを「瞑想」と呼んだりもしますが、個人的には、形式にこだわる必要はないと思っています。

静かな場所で、目を閉じて深呼吸をするだけでも、充分に、心を落ち着かせる事ができます。

「ルーティーン」という言葉があるように、大切なのは、速やかにリラックス状態に入るための、自分なりの「型」を見つける事です。

その型に入った途端に、いつでも頭の中をクリアにできるような状態まで、習慣化していく事です。

このように、静かに自分自身と向き合うような時間を、1日の中で、30分でも1時間でも作っていく…。

そして、その静けさの中で、ふっと自分を揺り動かすアイディアや想念こそが、まさに「直感」の正体です。

個人差はありますが、直感が訪れると、同時に鳥肌が立ったり、背中の辺りがゾクゾクしたりします。

また、人によっては、急に目の前が眩しく光ったり、雷に打たれたような衝撃を受けたりする事もあります。

心を静かに保っているからこそ、ほんの少しの感情の動きにも、気づく事ができるわけです。

このように、直感を受け取ったら、あとは簡単です。それらに素直に従って、チャレンジするのみです。

その時に、不安や恐怖が出てくるのは、直感が正しいものであるという、何よりの証拠です。

なぜなら、不安も恐怖も、今までの延長線上ではない、新しい自分へと変わろうとする時に、必ず現れる感情であるからです。

出会って「10分」で好かれる方法
http://directlink.jp/tracking/af/1491489/uQExosuz/

なぜ、ヤル気は持続しないのか?
http://directlink.jp/tracking/af/1491494/KfIcdA5z/

たった90日で、新しい収入源を作る方法
http://directlink.jp/tracking/af/1491490/0GJmYH3B/

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る