ブログ

禁煙から得たモノ②

スポンサードリンク

今、この瞬間にも、多くの喫煙者が禁煙を決意し、チャレンジを始めています。

しかし、残念な事に、ほとんどの人が挫折をして、元の喫煙者に戻ってしまいます。

「日本禁煙学会」等のデータによると、「1年間」の平均的な禁煙成功率は、僅か6%程度という結果が出ています。

1年間、禁煙できた人は、再度、喫煙者になる率が低い事から、ここでは、「1年間の禁煙」を成功の定義としています。

まさに、100人中、94人は、「タバコを辞めたくても辞められない」という結果になっています。

さらに、期間を「3ヶ月間」に絞ってみても、成功率は30%に満たないというデータもあります。

100人中、70人以上が、3ヶ月間すらタバコを我慢する事ができず、喫煙者へと逆戻りしてしまうわけです。

非常に興味深いのは、以前に紹介した事のある「パレートの法則」が、この禁煙成功率にも、おおよそ当てはまっている点です。

これは、後になって気づいた事なのですが、「禁煙」と「ビジネス」に共通する「成功哲学」というものが、少なからず存在するという証拠になります。

確かに、とりわけ「禁煙は難しい」とされている原因の1つに、タバコを辞めた途端に現れる「禁断症状」があります。

禁断症状は、体質によって、また、タバコを吸っていた期間や本数等によって、程度に差こそあれ、必ず現れます。

しかし、それらの苦しい禁断症状を乗り越えて、禁煙を成功させる人が、少数ながら存在しているのも事実なのです。

成功する人も、挫折する人も、きっと始めは、同じように決意をするはずです。

そして、自分の中で、「成功できる」という見込みが、ある程度は立てられるからこそ、チャレンジをするのです。

にも関わらず、結果に大差が生じてしまう事の主な原因は、決意の次のステップに当たる、ほんの僅かな「持続力」の差にあります。

私たちが、あらゆる夢や目標を達成するためには、最初に「決断」する力と、それを「持続」する力が必要となります。

実は、「決断する」というのは、比較的容易な事です。なぜなら、まだスタートしていない、「まっさらな状態」だからです。

頭の中を、もし夢や目標を達成したら感じるであろう「ワクワクしたイメージ」のみで、埋め尽くす事ができるからです。

大なり小なり、「ゴールの達成感」を最初にイメージする事ができるからこそ、人は決断に踏み出せるとも言えます。

このプラスイメージを、「禁煙」に当てはめれば、タバコを辞める事ができた後の、健康になった自分の姿です。

もしくは、経済的にも精神的にも余裕が生まれ、より人生をエンジョイできるようになった自分の姿かも知れません。

このように、イメージ通りの自分になる事を決断した後は、目標に向かって、そのイメージを持続していくのみです。

華々しい印象の「決断」に比べると、地味で泥臭い「持続」ですが(笑)、実は、これこそが難事中の難事なのです。

目標達成のためには、いかにして、この厄介者である「持続力を鍛えるか?」という点が、最大のカギとなります。

私は、持続力とは、言い換えれば、「ゴールの《強い臨場感》をイメージする力」であると思っています。

極端に言えば、あたかも目標を達成してしまったかのような感覚に浸りきってしまう事で、臨場感は強まります。

この「ゴールの臨場感」を抱く事が大切であり、その方法は、日々の「イメージトレーニング」以外にありません。

決断する時に抱いたイメージのままでは、目標達成は困難です。なぜなら、臨場感が弱すぎて、途中で起こりうる試練に、耐える事ができないからです。

本来、多くの人間にとってのゴールとは「現状維持」です。これは、「ホメオスタシス」の働きにより、本能的に生命を守っているためです。

「人は、本当は変わりたくない」

この本質を、深く理解しておく必要があります。いくら「顕在意識」で「変わりたい!」と思っていても、「潜在意識」レベルでは、変わってしまう事に不安や恐怖を抱いています。

結局は、誰でも今の自分に慣れていて愛着もあるし、そのままでいる方が気楽なのです。どんなに「ダメな現状」であっても、です。

だからこそ、夢や目標を立て、それを叶えるために前進しようとする度に、この本質を再確認する事が、とても大切なのです。

人間の本能が、現状を維持する事であるならば、変わるというのは、「進化・成長」であり、「本能に逆らう」という事です。

本能に逆らって、ゴールの臨場感を日に日に強めていく事さえできれば、途中で何が起きても、楽な現状に戻ってしまう事はないでしょう。

言うなれば、「目標達成の戦い」とは、ゴールと現状との間で繰り広げられる、熾烈な「臨場感の綱引き」なのです。

~禁煙から得たモノ③へ続く~

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アビリティ・プラン Facebookページ

ページ上部へ戻る