ブログ

夢を目標に変えていく③

スポンサードリンク

夢を目標に変えるための、2つ目の方法とは、

「他人に堂々と夢を語る」

です。

これも、実行している人は少ないと思います。

一般的に、人間は、自分の「弱い部分」を隠したがる生き物です。

むやみに弱味をさらけ出す事によって、その部分を他人から非難されたり、批判されたりするのを、本能的に恐れるからです。

夢そのものは、決して弱味というわけではありませんが、第3者に自分の夢を語った所で、

「どうせ無理だと言われて、バカにされるかも…」
「もし叶わなかったら、バカにされるかも…」

といった考えが、頭を占領してしまうため、人は、なかなか夢を語ろうとせず、自分の中に溜め込んでしまいます。

こうして、溜め込む事により、「夢が実現に向かっているかどうか?」の判断を、あくまで「自分なりの物差し」で行うようになります。

この「自分なり」が、甘えとなって出てしまうのです。自分の夢を誰にも知られていなければ、極論、たとえ上手くいかなくても、とやかく言われる事はありません。

しかし、同時に、夢が叶う可能性も低くなります。なぜなら、成功には、適度なプレッシャーが必要不可欠であるからです。

たとえ、最初は笑われようが、堂々と夢を語る事によって、「やるしかない」という状況を自然と作り出す事ができます。

そして、「笑う人間」がいれば、必ず、「本気で応援してくれる人間」も現れ始めます。

不思議なもので、始めから、応援を求めるのではなく、まずは批判を恐れずに夢を語り、一人ぼっちでも行動を貫き通していった時に、徐々に理解者が増え始めるのです。

順番が逆なのです。何事にも通じますが、常に、「勇気が先」だという事です。

出会って「10分」で好かれる方法
http://directlink.jp/tracking/af/1491489/uQExosuz/

なぜ、ヤル気は持続しないのか?
http://directlink.jp/tracking/af/1491494/KfIcdA5z/

たった90日で、新しい収入源を作る方法
http://directlink.jp/tracking/af/1491490/0GJmYH3B/

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る