ブログ

夢を目標に変えていく②

スポンサードリンク

夢にリアルな臨場感を持たせ、実現可能な目標に変えて、完璧に脳に落とし込む事ができれば、願いは加速度的に叶っていきます。

では、夢を目標に変えるためには、具体的に何をすれば良いのでしょうか?ここでは、2つの方法をご紹介します。

1つ目は、「夢を紙に書き出す」です。これは、様々な場面で耳にする事かも知れません。しかし、実行している人は、意外と少ないものです。

一見、とてもシンプルな方法ですが、効果は抜群です。

夢というものは、思い描いた時点では、まだ目に見えない、心理的な次元の存在です。

しかし、これらを文字として紙に書き起こすだけで、目に見える、物理的な次元の存在へと形が変わります。

この「目に見える」というのが、とても大切なのです。なぜなら、人間の脳は、目に見えないものに対しては、なかなかリアルな臨場感を抱く事ができないようにできているからです。

ただ文字にするだけで、紙に書かれた夢は、急激に現実味を帯びたものとして、潜在意識に刷り込まれます。

すると、実現に向けて、まるで現状とのギャップを埋めていくかのように、自分の中にある「ヤル気のギア」が回転し始めるのです。

これは、ある意味で「自分の脳を騙す」という事であり、まだ叶っていない夢を、あたかも叶ってしまったかのように錯覚させる事によって、現実を引き上げていく効果があります。

ドンドン夢を紙に書いて、目につく場所に貼ったり、手帳などに書いておいて、頻繁に眺める等、常にイメージを沸き立たせる事が大切です。

~夢を目標に変えていく③へ続く~

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アビリティ・プラン Facebookページ

ページ上部へ戻る