ブログ

半年間で、確実に「10キロ」痩せる方法

スポンサードリンク

今から3年ほど前の話になりますが、68キロ(体脂肪率…19.5%)あった体重を、56キロ(体脂肪率…8.4%)まで落とした事があります。

当時、会社員だった私は、連日のように帰宅が遅く、食事のリズムも不規則でした。

深夜に、空腹で立ち寄る「一風堂」「CoCo壱」「すき家」等々…。この時間が、私にとって、密かな楽しみになっていたのです。

まさに、不摂生の極み。以前にタバコを辞めていた事も手伝って、元々は痩せ型だった私も、10年かけて、ちょうど10キロ太ってしまいました。

すっかり丸くなった顔と、ベルトに乗り切った腹を鏡越しに眺め、さすがにマズいと思った私は、人生初のダイエットに挑戦したわけです。

「その気になれば、ダイエットなんて簡単だ」
「結局は、痩せようとする意志の問題だ」

と、それまでダイエット経験のなかった当時の私は、完全にナメていたのです…。

確かに、「減量」という点だけで見れば、食事の量を減らす事で、自然と体重が落ちていくのは、ごくごく当たり前の「道理」であるからです。

しかし、誰しも、これを頭では解っているつもりでも、いざ「食事の量を減らす」という事に集中すると、途端に心が苦しくなってしまう。

ダイエット以外にも言える事ですが、この「頭と心のギャップ」こそが、シンプルな物事を複雑化させてしまう、大きな原因だと思っています。

私も、その例外ではなく、何となく食事の量を減らしている事に、次第に苦痛を覚えるようになってしまったのです。

「自由に食べる事ができない」という事実が、「欠乏感」を生み、それが、何とも言えない「虚しさ」へと発展していきます。

私は、この欠乏感を満たしつつ、「無理なく痩せられる方法はないものか?」と、色々ネットで検索し始めました。

そして、辿り着いたのが、「好きなものを好きなだけ食べるダイエット」です。

このダイエットでは、「炭水化物」や「脂質」「糖質」といった数値を気にする必要も、一切ありません。

本当に、好きなものを、何でも自由に食べてオッケーな方法です。

ただし、「条件つき」です。好きなものをガッツリ食べても良い時間帯は、「14:00~15:00」の1時間のみに限ります。

まず、朝食は抜くか、食べても惣菜パン1つ程度。昼食はガマンして、少し早めの夕食を、「14:00~15:00」の間に取ります。

もし、どうしても時間的に厳しい場合は、遅くとも、18:00までに夕食を済ませる事ができれば、ギリギリセーフです。

これで、1日の食事は終了です。それ以降は、飲み物だけで凌ぎます。始めのうちは、夜になると空腹が襲ったりしますが、次第に慣れていきます。

それに、起きていると食べたくなるので、ムダに夜更かしする事もなくなり、自然と健康的な生活リズムへと変わっていきます。

私は、毎日「14:00~15:00」をめがけて、まるで「食いだめ」とでも言わんばかりに、大好きな「丼もの」や「定食」を、苦しくなるほど食べまくりました。

ご飯のおかわり3~4杯いっても、お構いなしです(笑)。

その結果、この方法だけで、半年で12キロ痩せる事ができたのです。特に、最初の5~6キロは、あっという間に落とせる事も解りました。

では、なぜ、「14:00~15:00」はオッケーなのでしょうか?

理由は、「BMAL1(ビーマルワン)」というタンパク質の働きにあります。

この「BMAL1」は、脂肪を溜め込む働きをしているのですが、時間帯によって、活動量が違っています。

明け方からだんだん減り始め、昼間には一番活動数が少なくなるのです。

そして、特に「14:00~15:00」辺りに、最も少なくなると言われています。言い換えれば、「最も代謝が良くなる時間帯」という事です。

そのため、好きなものを盛り食いしても太りにくい、まさに減量の「ゴールデンタイム」なのです。

しかし、なぜ今回、長々とダイエットについて書いたのかと言いますと…。

実は最近、また私自身が6キロほど太ってしまったからです。久々に会った方たちに、軒並み、「幸せ太りですか?」と、からかわれました(-.-)

さて!自分を追い込むための戒めとして、上の方法で、軽やかに減量したいと思います(^^)

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る