ブログ

ヴォーカルを生かす楽しみ②

スポンサードリンク

前回は、ヴォーカルを中心として楽曲全体を客観的に見つめる事の大切さと、その効力について、簡単にお伝えしました。

プレイヤーの立場とリスナーの立場とでは、楽曲から受ける印象や音の聴こえ方等、フィーリングに意外と大きな違いがあるものです。

まずは、その両者の「温度差」に気付けるかどうかが、自身のドラムプレイやフレーズを大きく改善するためのカギとなります。

リスナー目線で楽曲を聴くという事は、ドラムだけでなく、特に作曲やアレンジもする人にとっては必要不可欠な要素なので、日頃から意識しておきたいポイントになります。

「リスナー目線でドラムを叩く!」

これを口で言うのは簡単ですが、なかなかピンと来ない人も多いかと思います。

それもそのはず、ドラマーを始めとする楽器プレイヤーには、「油断していると、ついつい自分の楽器の音ばかり聴いてしまう」という、非常に困った習性があるからです(汗)。

例えば、街頭ビジョンから流れる音楽や店内BGM等のリズムに合わせて、無意識に手足がドラムの動きをしてしまったり、実際にテーブルや床を鳴らして、周囲の人に不思議な顔をされたという経験はないでしょうか?

また、TVやオーディオから不意に流れてくる楽曲を聴いている時、ドラムの音ばかりに気を取られてしまい、後になって、肝心の歌詞やメロディーの印象が、頭の中に全く残っていないといったケースも、少なくないと思います。

これこそ、まさに、「ドラマー習性」の確固たる証拠ですが、普通に考えてみれば、無理もない事です。だってドラマーは、ドラムが大好きなんですから(笑)。

ドラムの音ばかり気になるのは、いたって自然な感情なわけです。

では、どうすれば、

「リスナー目線でドラムを叩けるか?」
「リスナー目線のドラムフレーズを生み出せるか?」

と言いますと、まずは、「意識的に」リスナー目線になるクセをつけていく事が大切だと思います。

ツラいでしょうが、試しに一定期間、ドラムを愛する気持ちは残したまま、ドラムの音を聴かないように努力してみましょう。

音楽が流れてきた時も、ドラムの音は存在しないものとして、ヴォーカルとそのバックに流れるコード感を感じるようにします。

できるだけ、歌詞の世界にも浸って楽しんでみましょう。

こうやって、慣れた日常と違った角度からも音楽に触れてみる経験によって、改めてドラムの絶大な役割や必要性、ドラマーである事のありがたみや誇りといったものが、自分の中に浮かび上がってくるのです。

それらを、ドラムプレイにフィードバックする事で、リスナーが聴いて心地良いサウンドが生まれるわけですね。

今回は少々、難しい話になりましたが、少しでも参考になればと思います。

また、音楽に接する視点を変えたり視野を広げるという点で言えば、ドラム以外の楽器に積極的にチャレンジしてみるのも、良い方法かも知れませんね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る