ブログ

ヴォーカルへの想い

ウメです。

これまで、「歌を生かすドラムとは?」という観点で書いてきました。一見すると、ドラムよりもヴォーカルにフィーチャーしたような内容になっていますが(汗)、それ程、歌モノバンドにとってヴォーカリストの存在感は大きいという事ですね。

私自身も、「歌モノ」のドラマー上がりである事と、バンド解散後にコンポーザーとして活動していた時期に、主にダンス・ミュージック系のJ-POP楽曲をコンペ用に制作していた事もあって、楽器の中で「歌を聴かせる」という事に関しては、かなり研究してきました。この時期は「生ドラム」から完全に離れて、「打ち込み」の勉強ばかりしていましたから(笑)。

私は元々、「ヴォーカリスト」や「メロディー」、「歌詞」等に強い興味があり、ドラムの次に(いや同じ位?)、ヴォーカルというパートが大好きです。油断すると、ドラムよりも歌を聴き込んでしまう癖があります(笑)。

そのため、バンドを始めた当初から、「歌心のあるドラマー」を目指して、作詞・作曲・アレンジにも積極的に挑戦しました。リズム担当のドラマーが、「歌」や「メロディー」と向き合う姿って、なんとも意外性があってカッコいい!と思えたのです。

「バンドにとって、ヴォーカリストの役割とは何だろう?」
「メロディーや歌詞を、より際立たせるサウンドやフレーズは何だろう?」

こういった全体観に立ってドラムに向き合うと、新たな発見があると思います。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

アビリティ・プラン Facebookページ

スポンサードリンク
ページ上部へ戻る