ブログ

リズムキープ練習法 ~前編~

ウメです。

当たり前の話ですが、ドラマーにとって「リズムキープ力」は必須項目です。リズム感のないドラマーなんて、鼻で笑われちゃいますからね!

なーんて偉そうに言っている私も、10代の頃はリズムキープが大の苦手でした。スタジオやライブで演奏していると、徐々にテンポが走ってくるのです。そして最終的にはバンドメンバーから、「速過ぎて合わせられない」と苦情を言われる始末(笑)…。

だけど音楽を無邪気に楽しんでいた当時の私は、あまり気にも留めていませんでした。モタる位なら走った方がカッコイイし、「機械じゃないんだからさ、多少のズレが人間らしくてイイんだよ」と自分勝手に解釈して、リズムキープについては練習を怠っていたのです。

そんな私が「リズム様」のシッペ返しを食らう羽目になったのは、バンドのデモテープを作るために初めて行ったレコーディングの時でした。

レコーディングとは言っても、当時はお金が無かったので、自分たちでリハスタを借りての完全自主制作でした。もちろんエンジニアも自分たち。私たちは「プライベート・レコーディング」初体験に、ドキドキワクワクしながらスタジオに入ったのでした。

まずはドラム録りです。通常、レコーディングはドラムから最初に行います。続けてベース→サイドギター→リードギター→ボーカルといった具合に、リズム隊からメロディー隊へと重ね録りしていくのですが(「一発録り」と言って、ライブ感を出すためにバンド全体で一気にレコーディングする手法もある)、何事も最初が肝心という通り、レコーディングではトップバッターのドラム録りのクオリティーが作品の出来を占うわけです。

録音する前に一度リハーサルをしておこうと思った私は、ヘッドフォンから流れるクリック(メトロノーム音)を聴きながら、何気なくドラムを叩き始めました。ところが、生まれて初めてクリックに合わせてみてビックリ。アレレ?全く合いません(汗)…。「ピッピッピッピッ」という音にジャストで合わせようと意識すればする程、ドラムが走ったりモタったり…。言うまでもなく、私にとってのレコーディング初体験は、ほろ苦いものとなりました(涙)。

俗に「クリックに縛られる」とか言いますが、まさに「体内リズム」が定まっていなかったために起こった現象だったのです。

~後編に続く~

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

アビリティ・プラン Facebookページ

スポンサードリンク
ページ上部へ戻る