ブログ

リズムの要、「バスドラム」

スポンサードリンク

ドラムとは、スネア・タムタム・シンバル等、音質の全く異なる数種類の打楽器が合わさる事によって、1つの音のかたまりを作り上げるという、「特殊な」楽器です。

「ドラムス」とか「ドラムセット」という言葉通り、異文化人種の集合体のようなものであるわけです。

その中でも、「バスドラム」の存在感は、ひときわ大きいものがあります。このバスドラ(通称)ですが、まず何より、ドラムセットの中で1番デカイ!そして、1番の重低音!ドラム・サウンドの低音域を担当する打楽器です。

ドッシリと構え、他の打楽器たちを下から支える、まさに、「ドラム家」のお父さん的な存在でしょうか(笑)。

バスドラの見た目を、ザックリ簡単に説明すると、「大太鼓」という事になります(ちなみに、スネアは小太鼓)。

大太鼓と言えば、小・中学校の合奏などで、演奏経験のある方もいるのではないでしょうか?大きめの「バチ」でもって、「ドーン!ドーン!」と打ち鳴らすわけですが、これがドラムセットとなると、足でペダルを踏んで鳴らしてしまおうと言うのですから、ドラムという楽器を最初に思いついた人は、やっぱり天才だぜ!っていうか、イイ意味で、ネジが何本か外れてますね、ハイ(笑)。

しかも、バスドラは、その大きさにも関わらず、鳴らす頻度が非常に高いパーツなんです。

以前に、バスドラ・スネア・ハイハットを合わせて「3点セット」と呼ぶというお話をしましたが、この3つが、ドラムサウンドの大まかなストーリーを構成している、いわば「主演格」です。当然、登場場面も多くなるわけです。まさに、

「バスドラを制する者は、ドラムを制する」

こう言っても過言ではありません。実際に、ドラムでは、足を「手のように」使いこなせるかどうかが、リズムメイクのカギを握っているからです。

ノリノリの音楽が流れると、自然に体が動いてしまうのは、バスドラの刻むビートの影響がかなり大きいでしょう。

個人的には、打ち込みのダンス・ミュージックであっても、「4つ打ち」のビートなんかは、バスドラに合わせて思わず体が上下に動いてしまいます(笑)。

このように、一見すると、華々しいポジションが用意されている月9俳優の「バスドラさん」ですが、別の見方をすれば、主演格だからこそ、喝采を浴びる可能性と同時に、「コケられない」というプレッシャーも存在するのです。

いくらルックスが良くても、主演が「大根役者」過ぎちゃあ、視聴率もダダ下がりですからね…。

ただ、しっかりと練習を積んでいけば大丈夫。始めは不安定でも、練習量に比例してスキルは必ず上がっていきます。そして、安定した「フットワーク」は、「上半身の自由」を生み出します。

この効果って、意外と大きくて、フィルインやステージングにも余裕が出てくるようになるんです。

リズムの要であるバスドラ。しっかりと練習して、ドラミングに華を持たせていきましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アビリティ・プラン Facebookページ

ページ上部へ戻る