ブログ

ライブの魅力

スポンサードリンク

ライブって、やっぱり最高です。

ソロ・シンガー、デュオ、ユニット、バンド、グループ…。様々なアーティストがいますが、どんな形態であっても、ステージには、CDでは決して味わう事のできない、「生」ならではの迫力や興奮があります。

ライブの最大の魅力は、何と言っても「臨場感」でしょう。オーディエンスは、アーティストのその場「一度限り」の演奏やパフォーマンスを、肌で感じる事ができます。

ドームやホール、ライブハウスやクラブ等々、ライブとは、ステージの規模に関係なく、心地良い緊張感をアーティストと共有できる、最高の時間なのです。

また、アーティストの人間的な一面を垣間見る事ができるのも、ライブの魅力の1つです。

演奏やパフォーマンスはもちろんの事ですが、アーティストの「味のあるMC」に、すっかり魅了されてしまうファンもいるほどです。

それらを全て引っくるめて、「ステージング」と呼ぶわけですね。

私は、好きなアーティストのコンサートやライブに足を運ぶ際、必ず同時に、観客の表情や体の動きにも目を向けるようにしています。

アーティストが、

「どんな演奏をした時、体がノッてくるのか?」
「どんな仕草を見せた時、瞳が輝いているのか?」

等々…。

一つのステージを、「アーティスト」と「オーディエンス」の双方の立場から眺めてみると、色々な気づきがあるものです。

今になって、つくづく思うのは、ライブではアーティストが主役なのではなく、あくまでオーディエンスが主役であるという事。

実は、一流のアーティストほど、この考えに徹してステージングを作り上げているなぁと、つくづく感動してしまいます。

ともすれば、アーティストは、自分が「多くの人に注目されたい」という「華やかさ」のみに目を奪われがちです。

しかし、その華やかさの裏には、オーディエンス1人1人の「日常」がある事を忘れてはいけません。

オーディエンスは、「希望」や「葛藤」を始め、様々な思いを抱える中で、わざわざお金と時間を使って、ライブ会場に足を運んで来るわけです。

こういった思いの1つ1つにスポットを当てて、皆に活力を与えられるよう、最大限の力を注いでいく…。

まさに、オーディエンスを主役たらしめるアーティストこそが一流であり、そこに徹する時に、ステージングが光を放つのだと思います。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る