ブログ

ブログを書いてみよう③

ウメです。

ブログを書く上で大切な事は、自分の持っている知識やノウハウを、「余す所なく全て提供する」という一点です。「毎日書いているとネタ切れしそうだから」と言って、ネタをチョロチョロ小出しにするのはいけませんよ(笑)。

文章とは不思議なもので、8割位で余力を残して書こうとするよりも、100%振り切って全力で書く方が疲れません。中途半端に楽しようとするからツラいのです。これは営業の仕事でも同じで、大いに学んだ事なのですが、「今日の業績は最低限キープできた。残りは明日のネタとしてとっておこう」なんて打算的になると、仕事が「守り」になり、結局は1ヶ月トータルで見るとコケてしまう。そうではなくて、「明日の保証もないけれど、今日の実績として上げられるものは、突っ込んででも獲る!」という人間は、今日も明日も勝ち、月間でも勝利できるのです。

ただし、何でもかんでも全力で書けば良いというわけではありません。一口に「情報発信」と言っても、その情報の内容が読者にとって有益なものでなければ、集客にはつながらないからです。

ブログでありがちなのが、「~へ行きました」「~を食べました」といった類の写真付き記事。これらは、正確には記事ではなくて「日記」です。私の個人的な意見では、日記をブログに書くのはNGだと思っています。なぜなら、日記は読者にとって「有益な情報」にはならないからです。

ただし、有名人や芸能人の場合は例外です。彼らの日常は、何気ない日記であっても、読者にとってはプライベートを垣間見れる「魅力的なコンテンツ」になるので、十分に商品価値があると言えます。それは、彼らに「ネームバリュー」があるからこそ、成立しているものなのですが、私たちは記事を書く際、この点を忘れて「勘違い」してしまいがちのようです。

一般人であっても、Facebookに投稿する分には、日記であっても全く問題はありません。なぜなら、匿名性の低いFacebookの読者は、自分の友人や知人である場合が多く、互いの日常の出来事を「ごく気軽に」見る事ができるからです。

自分の投稿に対して、友人たちから「いいね!」を押してもらえるのは、嬉しいものなのかも知れません。逆の場合もあるでしょうが、そもそもSNSとは、友人同士のこういったやりとりを楽しむものなので、日記形式でも全然OKなのです。

しかし、ブログの場合は目的が全く異なります。日記のような記事は、ある専門の情報を「本気で」求めている人たちにとって、「有益な情報」にはなり得ません。むしろ、単なる「プライベート自慢大会」になりかねないのです(汗)。それだけ、ブログには不特定多数の人たちが、自分の意志で情報を求めてアクセスして来るのです。

日記は自分が主役ですが、ブログは読者が主役。「SEO対策」とか細かい事を言わずに、情報を求めている人たちに対して、役に立てるような記事を着々と書いていく。この本質さえ見失わなければ、ブログは読者にとって良質なコンテンツへと成長するはずです。

最後になりましたが、ブログの読者数を増やすためのポイントです。

●1記事600文字以上で書く(できれば1000文字以上)。
●定期的に更新する(できれば毎日)。
●必ず、読者にとって「気づき」を得られる内容を入れる。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

アビリティ・プラン Facebookページ

スポンサードリンク
ページ上部へ戻る