ブログ

ブログとは、手紙のようなもの

スポンサードリンク

「好きな事を仕事にしたいけど、何から手を付ければ良いのか分からない」

まさにブログとは、そんな悩める人のためのツールです。自分の好きな事に関する知識を「カタチ化」して、インターネットを通じて広く世界に情報発信していく事ができる。

しかも、パソコンやスマホさえあれば、「お金をかけずに」「どこにいても」です。

ブログの発信先は、顔の見えない不特定多数なので、一見すると、とてつもなく的が大きいようにも思えます。

しかし、地道に記事を更新し続ける事によって、自分の提供する情報に価値を感じてくれる読者が必ず現れ、1人2人と増えていきます。

その根強い読者が、他の新しい読者を呼んでくる…。それ程、ネット上の文章の力というのは強力なのです。

記事を書く時に気を付けるポイントとしては、「テーマを絞る」のではなく、あくまで「ターゲットを絞る」という事です。

自分の記事を、「どういった人に読んでもらいたいのか?」それを最優先に考えて、読者となるターゲット像をイメージします。

「性別」「年齢」「職業」「抱えている悩み」等、具体的であればあるほど良いです。その方が、自分の記事に強く共感してくれる読者が増えやすいからです。

書くテーマをあまりに限定し過ぎると、途中で書くネタに困ってしまいますから(笑)。

●会社員として朝から晩まで働きながら、音楽で起業する事を目指して情報収集している、都内在住の佐藤さん(35歳♂)

といった具合に、読者になって欲しい相手を具体的にイメージして、その1人の心に届けるように、「真剣に」「丁寧に」ブログを書くようにします。まるで、友人に「手紙を出すように」です。

たとえ、たった1人に向けた内容であっても、その人の心を動かす事ができれば、似たような境遇の人は他にも多く存在するため、結果的には、より多くの人たちの共感も得られるようになるわけです。

ただし、ターゲットを絞り切れない最初のうちは、複数の人物像を用意しても良いでしょう。そして、1つの記事に関して「ヤバい位」「真剣に」「毎日更新」を心がけていく事で、ブログの精度はメキメキ上がっていきます。

このように、更新を持続するためには、書き手となる自分自身を常に成長させていく努力も不可欠です。読書や周囲の人たちから知識をインプットしたら、絶えずブログ記事でアウトプットしていく。

インプットした知識は、アウトプットして初めて、自分のモノとなります。それが、さらにハイレベルなインプットにつながり、オーラに満ちたアウトプットを生み出していくのです。

出会って「10分」で好かれる方法
http://directlink.jp/tracking/af/1491489/uQExosuz/

なぜ、ヤル気は持続しないのか?
http://directlink.jp/tracking/af/1491494/KfIcdA5z/

たった90日で、新しい収入源を作る方法
http://directlink.jp/tracking/af/1491490/0GJmYH3B/

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る