ブログ

ブランディング活用術 〜基本編〜

スポンサードリンク

今回は、以前にお話しした「ブランディング」について、もう少し掘り下げて触れてみたいと思います。

ブランディングとは、まだブランドとして認知されていない物の存在価値を上げて、「ブランド化」していく戦略の事です。

特にビジネスにおいては、商品やサービスのブランディングは非常に重要な要素になります。

なぜなら、いかに優れた商品・サービスであっても、顧客の認知度が低ければ、なかなか売上にはつながらないからです。

情報の全くない商品に対して、顧客が共感や信頼感を抱く事はあり得ません。当然ですが、何だかよく分からない物に、お金を払おうとは思わないですよね?

だからこそ、ブランディングによって、売りたい商品やサービスの魅力を、まだ知識の少ない顧客に対して、存分にアピールする必要があるのです。

ブランディングの手法として主流なのは、やはり「コピーライティング」です。これは、文章によって商品の価値や魅力を説明するスキルの事です。

「文字」というものが、読み手に与える影響力は大きく、いつの時代になっても、活字が廃れるという事はありません。

まさに、コピーライティングは、ビジネスをする上で必須のスキルと言えるでしょう。「ホームページ」や「ブログ」、「チラシ」等の文章が、これに当たります。

「Facebook」や「Twitter」等のSNSは、コピーライティングによって「口コミ」を起こすというブランディング方法です。

「いいね!」や「リツイート」等によって拡散されれば、さらに多くの潜在顧客に商品の魅力を知ってもらう事ができます。

そして、これからの時代のブランディング手法と言えば、何と言っても「YouTube」でしょう。カテゴリーとしては、YouTubeもSNSに含まれますが、動画の最大のメリットは、商品価値を「より視覚的に」伝える事ができる点です。

例えば、同じ商品をホームページ上で紹介した場合、文字や写真だけのページよりも、動画も付いているものの方が売れる傾向にあるというデータがあります。

顧客の購買心理としては、「平面だけの写真よりも、立体的な部分も見れて、しかも動きも分かる動画の方が、ダンゼン安心できる」のだとか。

こう考えると、現代のブランディングにおいては、文字や写真や動画といったツールを駆使する事によって、「いかにして多角的に分かりやすく商品の魅力を伝え、顧客との信頼関係を築き上げていけるか?」を深く考える事が、とても大切であるというのが分かります。

そして、ここで言う商品とは、物に限らず「人」についても同じです。例えば、ドラマーも一人の人間ですが、プロ・アマ問わず、CDの販売やライブ等でリスナー(=顧客)と何らかの接点が生じる場面においては、まさに「自分自身」が商品となるわけですね。

次回は、ドラマーのブランディングについて、さらに詳しく解説してみたいと思います。

出会って「10分」で好かれる方法
http://directlink.jp/tracking/af/1491489/uQExosuz/

なぜ、ヤル気は持続しないのか?
http://directlink.jp/tracking/af/1491494/KfIcdA5z/

たった90日で、新しい収入源を作る方法
http://directlink.jp/tracking/af/1491490/0GJmYH3B/

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る