ブログ

ブランディングは「掛け算」

ウメです。

音楽を仕事にしていくための第一歩として、まずは「プロフィール作り」が重要だというお話をしました。ここで補足として伝えたい事は、プロフィールに盛り込む経歴や特技は、必ずしも音楽に関するものだけとは限らないという事です。

じっくりと自分自身の「棚卸し」をしていく中で、普段はあまり意識していないけれども、「人より速く上手にできるもの」や「しばしば人から褒められる事」等を、どんなに些細なものでも良いので、書き出していきましょう。

この「意識していない」というのがポイントです。それほど自然に、人より上手くできてしまうものこそ、その人にとって本当の才能である可能性が高いです。「大好きなもの」とは微妙に違うというのが、何とも皮肉で面白い所なのですが、才能とはそういうものなのです。

誰もが少なくとも1度や2度は、友人や知人から意外な分野で「上手い」と褒められた経験があるはずです。例えば、「話が上手い」「文章が上手い」「絵が上手い」「ダンスが上手い」「料理が上手い」「運転が上手い」等々…。

周囲の声によって、これら「無意識の武器」を発見したら、せっかくなので、「大好きな音楽」と掛け合わせてみましょう。自分にとっての天職が見つかりそうですね。

例1:音楽 × 話が上手い = 音楽イベント司会業
例2:音楽 × 料理が上手い = ミュージック・バーのオーナー兼シェフ
例3:音楽 × 運転が上手い = 音響設備レンタル業

いかがでしょうか?音楽だけではあまりにもフィールドが大きすぎて、1番になる事が難しかったとしても、無意識の武器と掛け算する事によって、一気に職業の幅が広がります。アイディア次第では、今までにない斬新な職業を作り出して、その専門的な世界で強烈なオンリーワンの存在になる事も可能なわけです。

無意識の武器は、多ければ多いほど有利です。とりわけ、これからの時代の「スモール・ビジネス」の上では、力を存分に発揮します。

このように、プロフィールを作り上げる過程で、自分の目指すべき「ビジネス・モデル」のようなものが、おぼろげながら見えてきます。そこから人々のニーズや現実性等も踏まえて試行錯誤を繰り返す中で、ブランディングは成熟していくのです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

アビリティ・プラン Facebookページ

スポンサードリンク
ページ上部へ戻る