ブログ

フィルインの効果

スポンサードリンク

「フィルイン」(=フィル)は、ドラマーにとって大切な見せ場の1つです。

一定のパターンで演奏している最中に、つなぎ目の部分で入れる「即興的」な演奏の事ですが、リズムの「味付け役」的な要素があるため、日本では「オカズ」とも呼ばれます。

ご存知の通り、ドラムには「音階」の概念がありません。「どこを叩いても鳴ってくれる」という懐の深さと、自由度の高さを合わせ持った楽器です。

そのため、「パーツ」「タッチ」「リズム」等のチョイスを好きなように組み合わせれば、無数のフィルパターンを生み出す事ができます。

このように、フィルパターンには、明確な「正解」「不正解」がありません。裏を返せば、ドラマーのセンスが存分に問われるわけですね。

私自身、この「センス」とは、言い方を変えれば、リスナーとの「駆け引き」であると思っています。

例えば、いくら難解なドラムフレーズであっても、始めから終わりまで、常にせわしなく「ドヤ顔」でプレイされた日には、リスナーの心の中に「慣れ」が生じ、意外に飽きられてしまうのです。

反対に、超シンプルなフィルでも、楽曲のイメージにハマっていたり、繰り出すタイミングが絶妙であれば、一気にリスナーの心をつかむ事ができます。

個人的には、難解なフィルとシンプルなフィルをさり気なく織り交ぜながら、「ひけらかさない」カッコ良さを演出するのが好きですね。

あとは、適度な「裏切り」も大切です。どストレートなリズムで押していた所に、あえて不自然でクセのあるフィルをカウンター的に入れてみたり。

「そろそろ、フィルに行くぜ!」と見せかけて、キレイサッパリ、何もしなかったり(笑)。

リスナーは一瞬、「なんだ?」って思うけど、なぜか次の展開が気になる…。これって、まさに駆け引きですよね?

要は、リスナーの心を揺さぶるためには、「緩急」や「抑揚」が欠かせないという事です。

まさに、野球のピッチャーで言う所の「チェンジアップ」に当たりますが、リスナーが自然にノリ出すタイミングを上手く外してあげることで、ハートを撃ちとる事ができるのです!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る