ブログ

ドラムは、見た目が9割

スポンサードリンク

以前に、「ドラムはリズム楽器である」というお話をしました。まさに、率先してノリを作り出す事こそが、ドラマーの得意技です。

また、バンド内で唯一の打楽器という事もあり(パーカッション等が存在する場合もありますが)、演奏者のアクションが大きくて分かりやすい点も、ドラムという楽器の魅力の一つですね。

私が、中学生の時にドラムを始めたキッカケも、他の楽器にはない「アクションが音に直結している感じ」が、ビジュアル的に衝撃的でカッコイイと思ったからです。

そして、一番モテると思ったからです(笑)。サウンドとかリズムとかは二の次。とにかく、パッと見の第一印象のみ!まぁ、楽器を始める中坊の動機なんて、単純なものなんです。

でも、この「単純さ」って、実はすごく大切な事だと思っています。これは、言い換えれば、「無邪気さ」でもあるからです。

無邪気さは、ワクワクした楽しい心理状態を作り出します。ワクワクしているから、上達も吸収も速い。どんな事にも言えますが、私たちは、悲しいかな大人になるにつれて、この根本のワクワク感を忘れてしまいがちです。

話は反れますが、私がビジネス・コンサルにおいて大事にしているのも、「自分のワクワク感に正直になる」「自分がワクワクできる選択をする」ためのサポートに力を注ぐという点です。

楽器の選び方一つにしても、事前にあれこれ情報収集等で準備を固めてから「理論的に」買うよりも、まずは、「直感的に」コレが欲しい!カッコイイ!と思うものを手に入れた方が、長続きする場合が多いのです。

「自分で好きなものを選んだ」という無邪気さが、高いモチベーションにつながるからです。そして、たとえ入口は直感的であり単純であっても、モチベーションを持って続けていけば必ず、気付かないうちに、深く專門的な部分まで突き詰めていける自分になっているのです。

私も、最初は「モテたい!」という不純な動機でドラムを始めたわけですが、喜んだり悩んだり試行錯誤して、色々な感情を経験してきた中で、ドラムという楽器の本当の楽しさや難しさ、奥深さを無意識に知っていったんだなあと、つくづく思っています(もちろん、まだまだ勉強中の身ですが)。

「好きこそ物の上手なれ」とあるように、好きな事に没頭するパワーは、計り知れないほど大きいという事ですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る