ブログ

ドラマーとべーシストの関係

ウメです。

引き続き、ドラムとベースの関係性についてです。

ドラマーにとってべーシストとは「女房役」とでも言いましょうか、とりわけ演奏面においては、互いに「ツーカーの仲」(互いの考えている事がよく分かるほど仲の良い様を言います)でなければ、バンド全体のクオリティーも下がりかねません。何を隠そう「リズム隊」という位ですから、この2つの楽器がバラバラであれば、楽曲が土台から揺らいでしまうわけです。

ベースは低音域の楽器なので、その周波数はドラムセットの「バスドラ」とほぼ同じです。そのため、一般的にはベースとバスドラのリズムがキッチリかみ合うと、心地よいノリが生み出されます。例えば、バスドラが「シンコペーション」で前の小節から食い込んで踏んでいる場合、ベースも同じくシンコペーションでリズムを合わせて弾く事で、安定感の中に躍動感を表現する事ができるのです。

リズムだけでなく、音色も合わせるようにします。ベースとバスドラは似たような周波数であるだけに、「合わせ過ぎると」互いの音が埋もれてしまいます。ジャンル等にもよりますが、互いがぶつかり過ぎず、且つ適度に分離して主張し合うようなサウンド作りが大切です。始めは難しいかも知れませんが、一緒に演奏しながら心地良い音を探しているうちに、ポイントがつかめるでしょう。

ちなみに、スネアの周波数はギターやボーカルとほぼ同じであると言われています。ドラマーとギタリストやボーカリストは、スネアを基にコミュニケーションを計ると、バンドのクオリティーが向上していくという事ですね。

こうして見ると、ドラムという楽器は他のあらゆる楽器と密接につながっていて、サウンドのカギを握っている事が分かります。まさにドラマーは、バンドの「司令塔」のように思えてきませんか?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

アビリティ・プラン Facebookページ

スポンサードリンク
ページ上部へ戻る