ブログ

ドラマーとは、ドラマを創る者である。

スポンサードリンク

ドラマーが、「リズムの要」である事は、十分お分かり頂けたと思いますが、それに加えて、ドラマーは楽曲の「進行役」でもあります。

さて、これは一体、どういう事でしょうか?

仮に、ノリノリのロック・ナンバーを丸々1曲、レコーディングする事になったとしましょう。全ての楽器を録り終えて、でき上がったノリノリの楽曲を聴いた後に、その音源から、ドラム・パートだけをミュートして再び聴いてみると…。

試してみた方もいるかも知れませんが、「地に足が着いていない」というか、音圧もスカスカで、聴いていて歯がゆい感じがします。なんとも、楽曲が「前に進んで行かない」ような、不思議な感覚があるのです。

私は、16歳の時、4トラックのMTR(当時はまだ、カセットテープでした)で録ったバンドのデモテープによって、この事実を知り、確信を得ました。

「ドラマーとは、楽曲のドラマを創る者である!」と。

極端な話ですが、疾走感あふれる「アップテンポ・ナンバー」も、ドラマーの叩き方次第では、落ち着いた「ミディアム・バラード」に変身させる事ができます。

特に、演奏の途中で、一部分だけを1/2のテンポにする「ハーフタイム・フレーズ」は、楽曲にアクセントを付ける上で、効果的なテクニックの1つです。

例えば、これを2コーラス目のBメロや大サビに「急に」持って来たりする事で、リスナーにとって、スリリングな展開を作り出せるのです。

さらに、逆パターンの「バラード→アップテンポ」といったリミックスも、ダンス・ミュージックでは耳にしますが、大々的に変わっているのは、大抵ドラムです(笑)。

面白い事に、他の楽器は全くイジらず、ドラムのテンポのみを2倍にするだけで、リスナーに与えるイメージをガラリと変えているわけです。

ちなみに、「メイク・ドラマ」とは、ミスターこと長嶋茂雄さんの巨人監督時代の名言ですが、ご本人いわく、これは文法的には間違っていて、「Make It Dramatic(メイク・イット・ドラマティック)」が正しいそうです。

またまた話が反れましたが、今日の結論です。

「A Drummer Makes The Music Dramatic !」

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る