ブログ

テンポキープ法 〜ライブ編〜

スポンサードリンク

「テンポキープ力」は、ドラマーにとっては当たり前過ぎて、目立たないスキルかも知れません。

しかし、細かいドラムプレイを華やかに聴かせる上で、非常に重要な要素となります。

リズム感やテンポ感を養うためには、地道な反復練習しかありません。

クリックやメトロノームを使った練習法が一般的ですが、自分にあった教則本やDVDを見て、筋トレのように、成長を楽しみながら取り組んでいきましょう。

私自身の体験談としては、以前のコラム「リズムキープ練習法(①・②)」にも紹介してありますので、合わせて参考にしてみて下さい。

さて、テンポキープの大切さは存分にお分かり頂けたと思いますが、今回は少し角度を変えて、「ライブ」におけるテンポキープ法について、紹介したいと思います。

ライブとは、生演奏という意味です。なにしろ「生」ですから、良くも悪くも一発勝負。やり直しが効かない代わりに、CDとは一味も二味も違った臨場感や空気感を、観客と共有する事ができます。

まさに、この独特な緊張感こそが、ライブの最大の醍醐味とも言えるでしょう。

もちろん、ドラマーのテンポキープに関しても、レコーディングの時とは全く異なります。

レコーディングでは、ヘッドホンから流れるクリックに合わせてドラムを叩きますが、ライブでは基本的にクリックは聴きません(同期させる場合等、例外もある)。

ドラマーは、まさに自分の「体内リズム」をメトロノーム代わりとして、ステージを引っ張るわけです。

そのドラマーのリズム感を頼りに、今度は、他の楽器隊やヴォーカリストが演奏を合わせていきます。

この時点で、土台のテンポが乱れてしまうと、バンド全体がバランスを崩す事になります。

そう考えると、ドラマーとは、ライブにおける「指揮者」のようなものです。

日頃、リハスタで行うバンド練習もライブ形式なのですが、リハーサルと本番とでは、全くもって勝手が異なります。

以下に、リハーサルとライブの大きな違いを、2つ挙げてみます。

まず1つ目は、リハーサルが「リラックス・モード」であるのに対し、ライブは「ハリキリ・モード」である事。

いくら普段通りに叩いているつもりでも、ステージでは力が入ってしまいがちです。特に、ライブ経験の少ない初心者の場合、セットリスト1〜3曲目辺りまではガチガチですね(笑)。

このような状態では、当然、筋肉も疲労しやすくなります。特に前腕や二の腕には「乳酸」と言われる疲労物質がたまる事で筋肉が硬くなるのですが、これがライブでは、リハーサル時よりも早い段階で訪れます。

そうなると、叩くテンポも普段よりハシりがちになってしまうわけです。

どうしても人間なので、本番での緊張や舞い上がり自体を全く無くす事は難しいのですが、心がけ次第で軽減させる事は可能です。

私自身、できるだけ本番直前は、周りと他愛もない雑談をするなどして、リラックスを心がけます。

そして、本番が始まって序盤は、「意識的に」落ち着いて、曲のカウントを入れるようにしています。

中盤では、体が慣れてきて、自然と落ち着いてきます。体感的には、リハーサル時より若干ゆったり目にテンポを取っていますが、ライブでは、ちょうど良い感じに聴こえます。

そして、2つ目は、「ステージ照明の熱さ」です(笑)。これは、決して冗談ではなく、ステージ上の温度は、照明によって上がっているのです。

特に、アクションの大きなドラマーの場合、リハーサル時の数倍も汗をかきます。この汗によって、当然スタミナを消耗するので、テンポも乱れがちになるというわけです。

対策としては、ステージドリンクを置いて、こまめに水分補給をしたり、後ろに小型の扇風機を置いて、体を冷却したりする事が挙げられます。

このように、ライブで上手くテンポキープする工夫も大切ですが、その緊張感をも大いに楽しむつもりで臨むと、良い感じに力が抜けて、最高のライブ感が出せるかも知れません。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る