ブログ

スネアの音量を上げるワザ①

ウメです。

今回は、「スネア・ドラム」についてのコラムです。主に初心者の方向けの内容です。

スネア・ドラム(通称:スネア)は、ドラム・セットの根幹を成すパーツの1つです(ちなみに、スネア・バスドラ・ハイハットの3つを「3点セット」と呼びます)。これら3点セットは、特に叩く頻度も高いだけに、そのサウンドが全体に与える影響は、「良くも悪くも」大きいものがあります。

ドラマーにとって、スネアのサウンド作りは「永遠のテーマ」であり、まさに「命」とも言うべきもの。それ程までに難しく、チューニング1つ取ってもあまりに奥が深いため、その辺の話は後日にゆっくり回すとして(汗)、今回はスネアの「音量」にスポットを当ててみたいと思います。

スネアの音量が上がるだけで、ドラム全体が引き締まり、楽曲のテンションも高まります。私も初心者だった高校生の頃、スタジオで録音したテープから流れる自分のドラムの「ペッタリ感」に愕然とし、「スネアのサウンドにもっと存在感を持たせたい!」と悩んでいました。そんなある夜の事、「LUNA SEA」のドラマー・真矢さんが、とあるラジオ番組でドラムに関して話していた内容に、思わず耳が止まりました。

「左手だけスティックを逆さに持つと、遠心力でスネアのショットにパワーが出るんですよ」

「スティックを逆さに持つだと!?」まさに目からウロコでした。そんな発想は、当時の私の中には全くなかったので…。そもそもドラム・スティックは、グリップ部分が握りやすいように太くなっていて、先に進むほど細くなっていくものです。さっそく逆さに持ってみると、案の定まあ握りづらいコト(笑)。

しかし実際に叩いてみてビックリ。真矢さんの言葉通り、今度は先端が太くなる分だけ遠心力がかかり、ショットの瞬間のスピードとアタック感が増し、音量も格段に上がりました。その分だけパワーも要りましたが、これは左手のトレーニングになると思い、しばらくはお気に入りでこのテクニックを活用していたのを思い出します。

他にも、「ドリームシアター」のドラマーであるマイク・ポートノイなどが、このグリップで演奏しています。皆さんも是非、試してみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

アビリティ・プラン Facebookページ

スポンサードリンク
ページ上部へ戻る