ブログ

スティックの選び方あれこれ

ウメです。

今日は主に初心者の方に向けて、ドラム・スティックの選び方について思う事を書いてみたいと思います。

一口にドラム・スティックと言っても、楽器屋には無数のスティックが立ち並んでいます。あまりの種類の多さに、「何が自分に一番ピッタリなの?」と迷っている方も多いのではないでしょうか?

材質だけでも「ヒッコリー」「オーク」「メイプル」「カーボン」等があり、チップ(先端の形状)の種類も「ボール」「スクエア」「ティアドロップ」「トライアングル」等に分かれます。さらに色々な長さがあって…。

と、全部を1つずつ試す事ができれば良いのですが、なかなかそうもいきません。そこで私のオススメは、まずは自分の好きなドラマーやカッコイイと思うドラマーの「シグネチャー・モデル」を買ってみる事です。憧れのドラマーと同じスティックを使うという事には、「モチベーションを高める」という心理的な効果があります。

ちなみに、私がドラムを始めた当時に使っていたスティックは、YOSHIKIさん(ブラック)、本間大嗣さん(ホワイト)、五十嵐公太さん(ブルー)のシグネチャー・モデルでした。どれも好きなドラマーという理由もあったのですが、それに加えて、私の場合はスティックの「カラー」で選んでいた傾向が強かったと思います。とにかくスティックから目立ちたかった自分にとって、オーソドックスな木目ブラウンは地味に見えて仕方なかったのです(笑)。

このように、使っていて自分のテンションが上がるという事が一番大事。しかもシグネチャー・モデルから学ぶ事って、実はたくさんあるのです。

実際に叩き比べてみると歴然なのですが、YOSHIKIモデルはとにかく軽くできていて、あの高速ドラムに最適な感じ。本間モデルは長くて重めで、まさにハードロックに欠かせないラウドな音が出ます。その代わり、他のスティックよりライブで格段に疲れますが(笑)。五十嵐モデルは、小回りが利いてビートがホップする感じが心地良いスティック。

こうして見ると、シグネチャー・モデルとは、それぞれのドラマーのプレイ・スタイルにピッタリと寄り添っていて、まるで体の一部のようになっているのです。

シグネチャー・モデルに限らず、要は見た目からしてテンションの上がるスティックを選んでみるのも一つの方法だという事です。そこから学んで試行錯誤して、自分に寄り添ったスティックを見つけていきましょう!

ちなみに今の私は、巡り巡って比較的オーソドックスなTAMAのヒッコリー(まさかの木目ブラウンね!)を愛用しています。う~ん、大人になったもんだ(汗)。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

アビリティ・プラン Facebookページ

スポンサードリンク
ページ上部へ戻る