ブログ

シブい楽器「ベース」

ウメです。

「リズム隊」の一員として、ドラムとコンビを組んでいる「ベース」ですが、これがなかなかシブい楽器なんです。

ベースは、ギター等と同じ弦楽器です。ギターの弦の数が6本であるのに対して、ベースは4本(弦が5本の「5弦ベース」もある)ですが、一本一本の弦が太いため、ギターよりも低い音が出ます。

弦楽器なので音階があり、低音域ですがメロディーを演奏する事ができます。ただし、他の「メロディー隊」の楽器とは違い、基本的にはコード(和音)は鳴らしません。主にコードのルート音を確保しながら音階を奏でつつ、リズムを刻んでいく演奏スタイルです。

まさにベースの「シブさ」とは、リズム楽器でありながら、メロディー要素も兼ね備えている点にあるのです。決してそのサウンドに派手さはないものの、普段は楽曲の根底を静かに支え、ココ一番の勝負所では前に出て聴かせる…。そんな「いぶし銀」的な存在でしょうか。

と、まるでベースのコラムのようになってしまいましたが(笑)、ドラマーの私が熱を入れて説明してしまう程、ドラムとベースは密接な関係であるという事なのです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

アビリティ・プラン Facebookページ

スポンサードリンク
ページ上部へ戻る