ブログ

オトナなシンバル、「スプラッシュ」

スポンサードリンク

今回も、シンバルについてのお話です。

「スプラッシュ・シンバル(=スプラッシュ)」は、6〜10インチという小さめのサイズが一般的な、「装飾音系」のシンバルです。

スプラッシュとは、「しぶき」という意味なのですが、まさにその名の通り、ショットすると「パシャン…」という、静かで透明感のある音が響きます。

音質的には、サステインの減衰がクラッシュよりも早く、チャイナよりも遅いのが大きな特徴です。

また、他のシンバル類と比べて軽めの音なので、静かなバラードやミディアムの楽曲で使用するケースが多いのですが、アップテンポの楽曲でも、クラッシュ音のみでしつこくならないように、スプラッシュを適度に織り交ぜて演奏したりもします。

派手なサウンドのチャイナと比べて、一見すると控えめな印象のスプラッシュですが、ここぞという時には、他には出せない絶妙な雰囲気を演出します。

それだけ、曲の合間で静かに鳴り響くスプラッシュは、たった1ショットでも存在感バツグンなのです。

まさに、「ホットでワイルドなチャイナ」に対して、「クールでシックなスプラッシュ」といった所でしょうか。

長い人生、晴れの日ばかりではないように、また、完璧な人間など一人としていないように、あらゆる物事には、「+とー」「陽と陰」「動と静」「明と暗」といった「両面」が同居しています。

これらは表裏一体なので、必ずしも+が優れていてーが劣っているという単純なものではありません。

ここが面白い所で、陰があるからこそ陽を感じられるし、動を感じるからこそ、静の価値が高まるわけですね。

同じように、ドラムセットも色々な役割を持ったパーツの集まり。それぞれの個性が合わさる事で、立体的なサウンドに仕上がります。

プレイ面でも、勢いで押すだけでなく、時には水を打ったような静けさを見せる…。この両面があってこそ、味のあるドラマーになれるのだと思います。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る