ブログ

やりたい事をやるために。 ~前編~

ウメです。

先日、とある友人と久々に飲みに行った時の話です。

その友人は、今は会社員として働いているのですが、かつてはアマチュア・バンドのギタリストとして、ライブハウスを中心に活動していました。

彼は明るく元気な男で、私とは古くから親交がありました。20代前半の頃には、ライブ・イベントで共演したり、私がサポートでドラムを叩いたり、朝まで音楽の夢を語り合ったりと、お互いに青春の道をひた走っていたわけです。

そんな彼も、30歳を手前に音楽活動を卒業し、一般企業に就職。その後は結婚して子供にも恵まれ、忙しいながらも順風満帆な毎日を送っていました。

一方の私はと言いますと、ちょうどバンドが解散して苦しい真っ盛りだったので(ホント冬の時代でした)、人並みの幸せを手にしている彼の生活が眩しく思えて、遠くから羨んでおりました(笑)。

このように、誰が見ても充実感に満ち溢れた彼が、久々の飲みの席で、ポツリと私に言ったのです。

「いいよなぁ、ウメは。好きな事やっててさ」
「俺もバンド辞めなきゃ良かったかな。音楽の仕事したいな」

私は、思いがけない彼の言葉に、レモンサワーを噴き出しそうになりました。

私 :「エ?何言っちゃってんの?『そろそろ結婚もしたいし、俺、就職するわ!』って、何の未練もなく明るくスパッと音楽辞めてったクセに」

友人:「確かにあの時は勢いでね。音楽より大事なものを見つけた気がして。でも別腹だったよ。今でも暇な時は趣味でギター弾いてんだ。今さらだけど、俺なんかのスキルでも、何かに活かせないかなぁ?なんて。」

私 :「そうだったんだ?てっきりギターの事なんて忘れてると思ってたよ。音楽の仕事、やればいいじゃん」

友人:「やりたいけど、現実的に無理でしょ。音楽系の仕事なんて少ないし、第一、今から転職なんてカミさんが許してくれないよ」

私 :「誰も転職しろだなんて言ってないって(笑)。自分で会社作っちゃえばイイんだよ」

友人:「へ?会社?俺が?」

〜後編に続く〜

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

アビリティ・プラン Facebookページ

スポンサードリンク
ページ上部へ戻る