ブログ

もっともっと、ドラムを楽しもう!

ウメです。

ドラムは、ダイナミックなサウンドとルックスが魅力の楽器です。バンド等のアンサンブルではリズムを担当し、時にドラマーが汗をかきながら両手両足をフルに駆使して、激しくビートを刻む姿は、もはや楽器を超えてスポーツであるとも思える位です(ダイエット効果もあるかも?)。

一度やってみると楽しくて、病みつきになる事は間違いないドラムなのですが、日本での「ドラマー人口」は、まだまだ少ないというのが現状です。その反面、「やってみたい楽器」「カッコイイと思う楽器」というアンケートでは、常に上位に入っているのです。この「ねじれ」の原因として考えられるのは、

●ドラムセット代等、他の楽器よりも費用が掛かりそう…
●ドラムセットを置くスペースがないため、手軽に練習できなさそう…
●リズム感に自信がない…
●両手両足が全て違う動きをする等、難しくて挫折しそう…

といったものです。これらは、私の周りの人たちに実際にヒアリングしてみて出てきた意見です。特徴としては、やってみて挫折するのではなく、やる前に挫折してしまっているパターンが多いという現実ですね。

これは、とても残念な事のように感じます。私も一人のドラマーとして、もっともっと多くの人にドラムの楽しさに触れてもらいたいし、バンドで演奏を合わせる「快感」を味わってもらいたいと思っているのです。

「日本のドラマー人口を増やしたいー」

そのために私ができる事は、ドラムという楽器の「ハードルを下げる」という事です。一気には難しいかも知れませんが、ドラムの魅力を実際の演奏だけでなく、あえて「文章」という形でも積極的に伝えていく事が、これからの私の挑戦だと思っています。

振り返ってみると、私自身も15歳でドラムを始めようと思った時に、少なからず上のような壁にぶち当たりました。当時は中学生なのでお金もなかったし、当然、家には防音室のようなスペースもありません。でも、結果的に私はドラムを始めました。

確かに、両親や周囲の理解も大きかったのですが、何より一番の決め手は、私の中で「ドラムをやりたい!」という気持ちがメチャクチャ強かったからだと思います。その気持ちこそが、最初に感じたハードルをグッと下げたのです。

音楽以外の事にも言える事ですが、人は「何かにチャレンジしたい」と決めた次の瞬間には、必ずと言っていい程、できない理由が浮かんで頭を占領してしまい、何となく諦めたり先送りにしてしまったりします。

それではもったいない!ドラムは、あなたが思っているより簡単にスタートできます。必要なのは、整った環境ではなく、「好奇心」のみです。

老若男女問わず!もっともっと、ドラムを楽しもう!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

アビリティ・プラン Facebookページ

スポンサードリンク
ページ上部へ戻る