ブログ

もう一人のリズム職人。

スポンサードリンク

ドラムは、そのルックスやサウンドのどこを切り取っても、また、誰がどう見ても、正真正銘の「リズム楽器」です。

何と言っても、ロック等のバンド形態の中では、率先して「ノリ」を作り出しているのですから!

と、ここまで口酸っぱくお話ししていますと(かなりクドいですね)、さもドラマーだけが、バンドの中でせっせと汗水垂らして、熱いビートを刻んでいるかのように聞こえかねませんので、ここらで新事実を…。

実は、バンドの中にはもう一人、ドラマーと共にリズムをクリエイトしている「職人」が存在するのです。

さて、一体誰でしょうか?

そうです。その正体こそ、ベースを奏でる職人である「ベーシスト」なのです。

バンドの中では、ボーカル・ギター・キーボード等の楽器を「メロディー隊」と呼ぶのに対して、ベース・ドラムを「リズム隊」と言います。

大切なのは、これら2つの「部隊」は、決して敵同士ではないという事。互いに相対するわけではなく、むしろ役割分担をしながら、互いの欠点を補い合っています。

そして、「楽曲」という、より強い「大部隊」を作り上げるミッションを持った、まさに「戦友」なのです!

とまぁ、適度に熱くなってきた所ですが(笑)、リズム隊については、次回以降に詳しく書いてみたいと思います。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アビリティ・プラン Facebookページ

ページ上部へ戻る