ブログ

まずは自分自身を満たそう②

スポンサードリンク

一方、私も含めた営業成績の上位者たちは、あくまで「自分のため」に努力をしていたような気がします。

給料は、インセンティブの占める割合が多かったので、実績を上げれば上げる程、目に見えてお金が増えていきます。

そして、実績を上げれば上げる程、「自分はできるんだ」という「自己重要感」が満たされていきます。

金銭的にも豊かになり、自分に自信が持てるようになると、生活にハリが出てきます。

仕事もプライベートも楽しくなり、不思議と疲労感がなくなっていくのです。

こうなると、全てが好循環となり、ドンドン実績は上がっていきます。

そんな活力に満ちた働きぶりは、必ずや上司や会社の目に止まり、やがて重要な役職を与えられるようになっていくものです。

始めは、自分自身を満たす事だけに集中していたとしても、それが結果として、良質な商品を多くのお客様に届ける事につながり、会社にとっても、「必要な人材」と見なされる事につながっていく。

こう考えると、会社員にとって「昇給」や「昇進」とは、お客様や会社に対する、貢献度の「バロメーター」であると言う事ができます。

当然、このバロメーターが、高ければ高い程、「お客様や会社に貢献している」という事になります。

つまり、自分1人の働きが、ちゃんと「世のため人のため」になっているのです。

~まずは自分自身を満たそう③へ続く~

出会って「10分」で好かれる方法
http://directlink.jp/tracking/af/1491489/uQExosuz/

なぜ、ヤル気は持続しないのか?
http://directlink.jp/tracking/af/1491494/KfIcdA5z/

たった90日で、新しい収入源を作る方法
http://directlink.jp/tracking/af/1491490/0GJmYH3B/

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る