ブログ

あくまで、自信が「先」

スポンサードリンク

自分に確固たる自信が持てず、悩んでいる人は、少なくないと思います。

「あぁ、自信が欲しい。自信さえ持てれば、全て上手くいくはずなのになぁ…」

こういった声も、よく聞きます。

しかし、残念な事に、自信を手にするタイミングを伺っているようでは、成功するどころか、いつまで経っても、その自信を持つ事すらできません。

もっと言ってしまえば、いつも弱気な自分に振り回されてしまう人生となり、幸せになれないのです。

なぜなら、自信のない人というのは、常に「自信の基準を自分の外に置いている」からです。

往々にして、そういう人たちは…

「誰が見ても納得できる《実績》を築ければ、自信が持てるのに!」

「社会的に影響力のある人たちと《人脈》を築ければ、自信が持てるのに!」

「自分の属しているコミュニティーの中で良い《評判》を築ければ、自信が持てるのに!」

という風に、勘違いしがちです。しかし、完全に順番が「逆」なのです。

「実績」も「人脈」も「評判」も、自分の外にある「客観的な要素」であり、自分の力で完全にコントロールする事が不可能なものです。

それらの好条件が揃う事を待っているようでは、確固たる自信を築き上げる事はできません。

「世間の目」という、当てにならない泡のようなものに縛られて、一喜一憂するよりも、まずは、自分の中に確固たる自信を作り上げてしまう事が大切です。

繰り返しになりますが、考え方を逆にする必要があります。

あなたの知っている成功者たちは、決して条件が揃ったから自信を手に入れたのではなく、最初に自信を身にまとう事で、その自信に見合う条件が、自ずと集まってきたのです。

あくまで、「主体的」に自信を築き上げる事です。これには、日々の「イメージトレーニング」しかありません。

すでに成功し、さらに成長し続ける、幸せで絶好調の自分を、絶え間なくイメージしていく。

雨の日も、風の日も、気分のアガっている日も、何となく落ち込んでいる日も、です。

そうです。何があっても…。

これは、弱気の本能に逆らうトレーニングなのです。逆らい続ければ、本当に「根拠のない自信」がついてくるから不思議です。

とにかく、逆!逆!逆!です。自信を持つ事に、くだらない「客観性」なんか求めない事。

自分の求めるべき「主観性」で自信を手に入れれば、成功に向けての条件は、簡単に備わっていくのです。

自信とは、「自分を信じる」と書きます。信じるのも信じないのも自由。成功を選ぶのも選ばないのも自由。どこまでいっても、自分次第であるという事です。

出会って「10分」で好かれる方法
http://directlink.jp/tracking/af/1491489/uQExosuz/

なぜ、ヤル気は持続しないのか?
http://directlink.jp/tracking/af/1491494/KfIcdA5z/

たった90日で、新しい収入源を作る方法
http://directlink.jp/tracking/af/1491490/0GJmYH3B/

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る