ブログ

「集客」について

ウメです。

ブログやSNSといった無料サービスの普及によって、「情報発信」は、誰でも気軽に始められる集客方法となりました。しかし「集客」と聞くと、私たちはどうしてもビジネスライクで堅いイメージを抱きがちです。果たしてそうでしょうか?

そもそもビジネスの本義とは、社会や人々に貢献し、価値を提供する「対価」として、その貢献の度合いにふさわしい報酬を受け取る事であると、私は認識しています。簡単に言ってしまえば、「お金持ち」ほど、社会に大きく貢献しているという事になります(まれに例外もありますが…)。

この論理でいくと、ニートやフリーターは、さほど社会に貢献していない事になります。これまた例外もあるでしょうが、世間は思っている以上に正当な評価を下すもの。悲しいけれど、これが現実なのです。

私は、五体満足でありながら、「不景気だから」「やりたい事がないから」「自分探し中」とか言って、いつまでもニートやフリーター・ワーキングプアの座に甘んじている人間(特に男)を心から軽蔑し、嫌悪しています。彼らは現実を直視する事を避け、ネットカフェで力のない笑顔を浮かべる分だけ、明るい未来を擦り減らしている事に気付きません。

同時に私は、現在ニートやフリーター・ワーキングプアである自分を「自己否定」し、そこから一刻も早く脱出しようともがいている人間を最大に尊重し、応援しています。彼らは身が震える位の現実を直視する事で、反面教師的に、明るい未来をイメージし続けています。

前者は、情報発信する事ができません。書いても日記止まり。仮に専門的な分野での豊富な知識や高いスキルを持っていたとしても、それらを生かすという発想自体がないからです。

後者は、いつでも情報発信する事ができます。自分の好きな事について、また、自分の思う事について、価値ある情報をアウトプットしていく中で、少しずつですが現状を変えていく事ができます。

自分の好きな事や得意な事について文章を書き、広く世間に発信していくと、同じ事に興味を持っている人たちが、次第に集まってくるようになります。これは、あなたの文章に価値がある事の証明です。これこそが集客の基本であり、その集まった人たちに何を提供できるのかを考える事が、ビジネスの始まりなのです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

アビリティ・プラン Facebookページ

スポンサードリンク
ページ上部へ戻る