ブログ

「人生は山あり谷あり」のウソ

スポンサードリンク

もしも今、あなたが、「人生は山あり谷あり」という言葉を信じているのであれば、すぐにでも捨て去ってもらいたいと思います。

「良い事が続いたから、次は何か悪い事が起こるに違いない」

「人生とは難しい。一筋縄ではいかないものだ」

人間、とりわけ日本人は、こういった悲観的なマインドに毒されがちです。

「山あり谷あり」なんて、いつ誰が言い始めたのか知りませんが、実は、全く科学的根拠のない言葉なのです。

なぜなら、広く世間を見回してみると、いつでも上手くいっている人が、厳然と存在しているからです。

実際に、私の周りにもいます。経済的にも時間的にも満たされていて、しかも、右肩上がりに進化し続けている人が。

宇宙には、「集中したものは拡大する」という法則があります。結局、「人生は考えている事が全て」なのです。

いくら、山の頂上に登りつめたとしても、谷底を見続けて意識してしまえば、やがて、本当に谷に落ちてしまいます。

逆に、どんどん成功していきたいのであれば、常に山の頂上だけを見続ける事です。自分にとって都合の良い事だけを考え、成功のイメージで脳内を満たすように努めましょう。

あなたが、仮に今、谷底にいたとしても、そんな事は全く問題ありません。谷にフォーカスして下を向いたままでは、いつまで経っても現状は変わりません。

これは、どんな状況でも視点を上に上げ、山を見続ける「訓練」なのです。そうすれば必ず、いくつも山の頂上を次から次へと飛び移っていくような、躍動感のある人生になっていきます。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アビリティ・プラン Facebookページ

ページ上部へ戻る