ブログ

「リズム・プロデューサー」としてのドラマー

スポンサードリンク

ドラマーとは、「リズム・プロデューサー」である!

何とも大きく出させて頂きましたが、これは私の持論です(笑)。

バンドにおいて、ドラムは楽曲の「屋台骨」。まさに「リズム」の命運を握ります。

共にリズム隊を組むベースやサイド・ギター等も、リズムを担当する楽器ですが、ビート自体の「アタック感」や「立体感」、「ダイナミックさ」という点では、ドラムには及ばないでしょう。

何と言っても、ドラムには音階がありません。ヴォーカルや弦楽器のように、「音を外す」といった概念がないのです。

「どこを叩いても鳴ってくれる」という自由度こそが、ドラムという楽器の最大の魅力であり、より情熱的で本能的なプレイを可能にするわけですね。

よって、ドラマーは、自由自在にリズム・パターンを作り上げる事ができます。8ビートの中にも、16ビート調のエッセンスを随所に散りばめたり、シンコペーションで楽曲をグイグイ引っ張ったり…。

また、たとえ同じようなビートであっても、アクセントの位置を意識して変える事により、抑揚のついた雰囲気を演出する事もできます。

このように、リズムによって楽曲に表情を出していくためには、洋楽・邦楽問わず、様々なドラマーのプレイを聴き、実際にコピーをしながら研究していく事が大切です。

好きなノリの楽曲を、とことんマネてみる事で、勉強になる事が、実はたくさんあります。

その中の1つが、「いくら完璧にコピーしたつもりでも、そのドラマーと全く同じニュアンスは出せない」という事実です。

これは、決して悪い事ではなく、叩くドラマーによって、プレイに各自のオリジナリティーが色濃く反映するという、ドラム特有の面白さでもあります。

まさに、リズム・プロデューサーとしてのドラマーの秘めたる可能性を示しているのです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アビリティ・プラン Facebookページ

ページ上部へ戻る