ブログ

「リズム・パターン」の引き出しを増やそう

ウメです。

ドラムには、数多くの「リズム・パターン」が存在します。「8ビート」「16ビート」「サンバ」「シャッフル」「スウィング」「ボサノバ」等々、大まかなものだけでも挙げ切るのが大変な上に、「~風」「~系」といったように細分化されたものまで含めると、無数のパターンがあります。ここで、よくある質問。

「プロのドラマーになるためには、あらゆるリズム・パターンを叩けるように練習すべきでしょうか?」

答えは断然「ノー」です。もちろん、「全て」のリズム・パターンを完璧にマスターするに越した事はないのですが、それは考えるだけでも気の遠くなるような労作業。現実にはまず不可能でしょう。なぜなら、現存するパターンというのは、あくまで「サンプル」的なものに過ぎず、そこから先の細かいフレーズの付け足しやタッチの強弱、アクセント等は、演奏するドラマーによって十人十色・千差万別だからです。とりわけドラム・プレイに関しては、サウンドに対して、この枝葉の部分の占める割合の方が実は大きいのです。この枝葉の事を、「センス」と呼ぶのかも知れませんが…。

ですから、最初から何でもかんでも手を出す必要などないのです。仮に長い月日をかけて全てのパターンを網羅した所で、効果的な使い方が分からなければ、それこそ宝の持ち腐れですよね(涙)。それよりも、始めは自分の好きなジャンルやそれに近いジャンルの音楽を研究したり、尊敬するドラマーの叩くフレーズを練習して、自分の中で消化していく事の方が、よほど価値的です。その中で、自分のキャパシティを徐々に広げていけば良いのです。まずは好きなものだけに没頭して極めてみる事で、得られる新しい「気付き」もありますから。ただ忘れてはならないのは、「日々、少しずつでも引き出しを増やしていこう」という向上心です。

プロ志向・アマ志向問わず、自身のレパートリーが目に見えて増えていくのを実感できるのは、とても嬉しく楽しいものです。最後に、そのためのコツと言いますか、おススメの方法を一つだけ紹介します。それは、

「好きなアーティストのアルバム曲を、一枚丸々、完コピーする!」

まず、自分の好きなアーティストなので、ストレスは一切ありませんね(笑)。大切なポイントは、アルバムに収録されている「全ての楽曲」を完全にコピーする事。好きな曲だけ2~3曲ピックアップするのではなく全曲です。これによって、知らぬ間に偏っていた自分の音楽性の枠を壊す事ができるのです。強いて言えば、これが若干、ストレスかも知れませんが…。

譜面はなくても構いません。耳コピによって、細かいタッチやアクセント等まで、可能な限り実物に迫っていきましょう。アルバムには必ずと言って良いほど、コンセプトや世界観があります。例えば、ロック系アーティストのアルバム1枚を通して聴いて見た時に、新たな一面や意外な音楽性に触れる事ができた経験があるかと思います。実際にコピーしてみると、ロックという大きなジャンルの中に、ジャズやクラシック、ディスコ等、様々なエッセンスが盛り込まれている事に気付くはずです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

アビリティ・プラン Facebookページ

スポンサードリンク
ページ上部へ戻る