ブログ

「ライド・シンバル」で楽曲に色合いを

ウメです。

「ライドシンバル(通称:ライド)は、ハイハットと同様、主にビートを刻むシンバルです。ドラマーから見た場合、ハットとは逆の右側にセッティングされる事がほとんどです。

まずルックスですが、金物(シンバル類の事です)の中では口径が大きめです。一般的にはスティックのチップで叩いて鳴らすため、「チーン」という中音域でサステインのあるサウンドが特徴ですね。ハットのオープン、クローズ、ハーフオープンにライドを加えれば、様々な音色を出すことができるので、これらの使い分け次第で、ビート自体にアクセントが付き、楽曲にも表情が出てきます。

それに加えて、ライドには「カップ打ち」と言って、カップ(ライドのてっぺんの盛り上がった部分)をショルダーで当てる事によって、通常よりも高音で抜けの良い音色を出す奏法があります。私も特に「16ビート裏拍のカップ打ち」が大好物なのですが、カップは意外と面積が小さく、始めは正確にショットするのが難しいので、慣れるまで要練習といったところです(汗)。ただし、マスターしたら最高の「調味料」になりますよ。

この「1枚で2度おいしい」ライドですが、ジャズ等では稀に、ショルダーを使ってクラッシュ的に「バシャーン」と鳴らす事もあります。ロックではあまり見かけないかな?といった感じですが、実際に叩いてみると、クラッシュとは一味違った鳴り方がするので、フレーズに織り交ぜてみても面白いでしょう。

ここで、実践的なビートの刻み方です。歌モノの楽曲を例にした場合、

イントロ=ライド→
Aメロ=クローズ→
Bメロ=ライド→
サビ=ハーフオープン→
間奏=ライド→
サビ=ハーフオープン→
アウトロ=ライド

といった感じで、場面場面によって金物のパーツを変えていきます。これはあくまでも例なので、Bメロを思い切ってフロアタム・ビートに変えてみたり、サビをハットのオープン&クローズを絡めた4つ打ちビートにする等、アイディア次第で、全く違ったニュアンスを演出できるわけです。

ドラマーの立場から、楽曲に色合いを付けてドラマティックさを加えるために、ライドとハットを始めとする「ビートの使い分け」を、積極的に研究していきましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

アビリティ・プラン Facebookページ

スポンサードリンク
ページ上部へ戻る